アマルルガ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新の型(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

アマルルガ

No.699 タイプ:いわ/こおり
通常特性:フリーズスキン(ノーマルタイプの技が氷タイプになり威力が1.2倍になる)
隠れ特性:ゆきふらし(天候をあられにする)
体重:225.0kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
ゆきふらしHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
アマルルガ1237772999258521フリーズスキン/ゆきふらし
ユキノオー909275928560494ゆきふらし/ぼうおん
バイバニラ7195851109579535アイスボディ/ゆきふらし/くだけるよろい
キュウコン(アローラ)73677581100109505ゆきがくれ/ゆきふらし

ばつぐん(4倍)かくとう/はがね
ばつぐん(2倍)くさ/みず/じめん/いわ
いまひとつ(1/2)ノーマル/ひこう/こおり/どく
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

唯一の「いわ×こおり」の複合タイプを持つポケモン。
両タイプはサブウェポン候補の筆頭となるタイプで、攻撃面では優秀な複合だが、種族値はラプラストドゼルガに類似した耐久寄りの配分で、4倍弱点が2つと耐性は悲惨。
いわ技もこおり技も先制で使うことでより効力が期待できるものだが、S振りするには素の素早さが低く、トリックルームと組ませるには素の火力が低いという点もマイナス点。
ただしマンムー同様すなあらしとあられの両方に適応できるため、きあいのタスキとの相性は良い。

固有タイプに加え、希少性の高い特性「フリーズスキン」「ゆきふらし」が持ち味。
しかし第七世代では「フリーズスキン」の倍率が1.3から1.2に下方修正されたほか、
ゆきふらし」持ちのポケモンが増えた。詳細は下記の特性考察にて。

HPが高いので、耐久に振る場合はBDに振り分けた方が硬くなる。
16n-1になるH68振り(実数値H207)や、耐久が一番高くなるH148B52D52振り(実数値H217B99D119)が候補になる。
実はユクシーやメガラグラージに匹敵する特殊耐久力を持つ。

オーロラベールは覚えられない。


過去の型こちらに、ネタ型やマイナー型こちらにあります。



特性考察

フリーズスキン
威力はふぶき>スキンハイパーボイスであり、あられによるダメージも加味すればこの特性を選ぶ必要はない。
天候を奪われた場合も安定した威力と命中を得られる点は魅力だが、こちらを選んだところで基本的に天候特性持ちとの
相性関係に有利が生じることは無い[1]ので、無天候での性能が役立つ場面は非常に少ない。
ゆきふらしの霰が味方に悪影響を与えてしまう場合にはこちらも採用候補となりえるが、
そもそも天候特性を持つ事がアマルルガの採用理由となる場合が多く、なかなか採用機会を見出しづらい。
スキルスワップやいえき等で無効化されるとメイン技が不一致になり一気に弱体化してしまうので注意。
ゆきふらし
隠れ特性。第六世代までは自身とユキノオーのみだったが、新たにバイバニラAキュウコンが追加された。
天候発動要員としての役割争いは厳しくなったものの、ステルスロックやでんじはでのサポート、炎等倍の耐性で差別化には困らない。

技考察

ゆきふらし・フリーズスキン共通

特殊技タイプ威力命中効果備考
ふぶき110(165)70凍り10%タイプ一致技。霰下で必中だが天候変化に注意。
フリーズドライ70(105)100凍り10%タイプ一致技。威力は低いが水タイプにも抜群。
キングドラペリッパー等の雨パ勢や、ゴルダック等のノーてんきに。
こごえるかぜ55(82)95素早↓100%タイプ一致技。追加効果が優秀。
げんしのちから60(90)100全能力↑10%タイプ一致技。だいちのちからやサイコキネシスと同威力。
だいちのちから90100特防↓10%対炎・鋼。一致技との相性補完に優れる。
サイコキネシス90100特防↓10%対格闘。交代読みで。
ラスターカノン80100特防↓10%対氷。フェアリーにも抜群。
あくのはどう80100怯み20%一貫性は高いが威力は低い。
めざめるパワー-60100-4倍狙いで炎、格闘など。
ミラーコート-100優先度-5高い特殊耐久を活かして倍返し。
ほうでん80100麻痺30%追加効果狙い。対水の打点ならフリーズドライで良い。
物理技タイプ威力命中効果備考
ストーンエッジ100(150)80急所ランク+1タイプ一致技。高威力・命中難。
いわなだれ75(112)90怯み30%タイプ一致技。怯みは狙いにくい。
がんせきふうじ60(90)95素早↓100%タイプ一致技。追加効果が優秀。
じしん100100-対炎・鋼。一致技との相性補完に優れる。
ドラゴンテール6090優先度-6
相手交代
起点化回避や、ステロ・でんじはとあわせて。
変化技タイプ命中備考
ステルスロック-設置技。ゆきふらしで唯一習得。
でんじは90妨害技。ゆきふらしで唯一習得。
アンコール100起点作りに。遅いので使いづらい。
バリアー-防御を強化。
めいそう-特攻・特防を補強。
ロックカット-素早さ強化。最速でスカーフ95族抜き。
リフレクター-味方の物理耐久を強化。サポート用。
ひかりのかべ-味方の特殊耐久を強化。サポート用。
しぜんのちから-各種フィールド下で変化。
10まんボルトは元から覚えるのでエレキフィールドと組ませるには微妙。

フリーズスキン限定

特殊技タイプ威力
[スキン]
命中効果備考
ハイパーボイス
(氷)
90
[162]
100-みがわり貫通。ぼうおんに無効。
しぜんのちから
(トライアタック)

(氷)
80
[144]
100火傷or凍りor麻痺
20%
フィールドがない前提ならこの技が出る。
はかいこうせん
(氷)
150
[270]
90行動不可行動不可が痛い。
りんしょう
(氷)
60/120
[108]/[216]
100-ダブル用。
物理技タイプ威力
[スキン]
命中効果備考
おんがえし
(氷)
102
[183]
100-性能安定。
からげんき
(氷)
70(140)
[126(252)]
100-ロマンぎみ。
変化技タイプ命中備考
しぜんのちから-各種フィールド下で変化。通常時はトライアタック。

Zワザ考察

Zワザ元にする技威力解説
レイジングジオフリーズふぶき185(277)
ワールズエンドフォールストーンエッジ180(270)
ライジングランドオーバーだいちのちから175
じしん180
スパーキングギガボルトかみなり185
ウルトラダッシュアタックはかいこうせん200フリーズスキンの対象にならない。
ギガインパクト200

型考察

ゆきふらし型

特性:ゆきふらし
性格:ひかえめorおくびょう
努力値:C252 S調整 残り耐久
持ち物:きあいのタスキ/つめたいいわ/こだわりメガネ/とつげきチョッキ
攻撃技:ふぶき/フリーズドライ/こごえるかぜ/げんしのちから/だいちのちから/がんせきふうじ/ラスターカノン/サイコキネシス/あくのはどう/ミラーコート
補助技:ステルスロック/でんじは/アンコール/ひかりのかべ/リフレクター/まもる

フリーズスキンの倍率が下がったため、アマルルガで最も安定して高い火力を出せる型。
特性を無効化されても影響が少なく、きあいのタスキ・がんじょう潰しや天候上書きなどができる点も優秀。

ステルスロック、でんじはが使えることが他のゆきふらし特性との差別化ポイント。
アンコール、両壁(オーロラベール)など起点作りのサポートはAキュウコンの方が優れる。

HPが高いのでBDに振った方が耐久が大きく伸びる。
例えば上記のHP148B52D52では無補正A振りガブリアスのじしんが高乱1だが、
H20B236と振ることでHP201調整しつつガブリアスのじしんを確定耐えする耐久を得られる。
それに加えてD52で無補正C振りラティオス@メガネのりゅうせいぐんも確定耐え。
ドラゴンからのゴリ押しにも対抗できる耐久を確保したほうが何かと動きやすい。

フリーズスキン型

特性:フリーズスキン
性格:ひかえめorおだやか
努力値:C252 S調整 残り耐久
持ち物:オボンのみ/こだわりメガネ/とつげきチョッキ/きあいのタスキ
確定技:ハイパーボイスorしぜんのちから
攻撃技:フリーズドライ/げんしのちからorストーンエッジ/だいちのちから/ラスターカノン/サイコキネシス/あくのはどう/ミラーコート/はかいこうせん
補助技:めいそう/でんじは/アンコール

第七世代でフリーズスキンの威力補正が1.2倍に下がっており、ゆきふらし型に比べ優位性が低くなっている。
C特化@メガネのスキンはかいこうせんはD特化+チョッキのマルチスケイルカイリューをも確1にできるほどの火力を持つが、
現環境にそのような仮想敵は存在せず、単に火力がほしいならゆきふらし+Zふぶきで事足りる。
音技が欲しい場合や、ゆきふらしの霰が味方に悪影響を与えてしまう場合などはこちらの型も候補になり得るか。

フリーズドライは対水や特性が無効化されてしまった際などに使えるので、メイン氷技との両立もアリ。
げんしのちからはタイプ一致技ではあるものの、いかんせん威力が低いので無理して採用する必要はない。

弱点は多いが特殊耐久は高く、不一致弱点程度は耐えてミラーコートで返せる。とつげきチョッキとの相性も良い。
ただし、しぜんのちからやでんじは等の補助技が使えなくなる点には注意。

スカーフ型

特性:フリーズスキン/ゆきふらし
性格:おくびょう
努力値:C252 S調整 残り耐久
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:ハイパーボイスorしぜんのちから(フリーズスキン)/ふぶき(ゆきふらし)/フリーズドライ
選択技:だいちのちから/げんしのちから/サイコキネシス/めざめるパワー(炎)/ラスターカノン/はかいこうせん

防御面では最悪なタイプの組み合わせだが、攻撃面では非常に優秀な範囲を持つので、スカーフとの相性はよい。
最速スカーフで112族まで抜ける。ただ攻撃面の種族値も高くはないので技の威力でカバーしないと厳しい。

素早さを上げ、ハイパーボイスを採用することで無限グライオンややどみが草ポケモンなどを縛ることができる。

フリーズスキンはかいこうせんは威力270。しぜんのちから(トライアタック)は威力80×1.2×1.5=144。
れいとうビームは威力90×1.5=135なのでれいとうビームを採用することはないと思われる。
スキルスワップ等で特性を失った時には使えるが、汎用性に欠ける。

しぜんのちからを採用する際は、カプ系に各種フィールドを張られると出る技が変化する点に注意。
カプ・コケコにはだいちのちから、カプ・テテフにはラスターカノン、カプ・ブルルには氷技、カプ・レヒレにはフリーズドライで対抗できるが、
もちろん技スペの関係で全搭載とはいかないので取捨選択を。

げんしのちからは炎に対して安定して威力が出せる。
ファイアローのブレイブバードに後出しからはかいこうせんを撃たずに確1にできる。
いじっぱりファイアローがフレアドライブで落とせると思って居座ってくれるパターンもあった。
耐久下降補正でストーンエッジを使ったほうが威力が出るが、A無振りだと大して変わらないため、Cや耐久を削ったり命中難だったりなのでげんしのちから安定。

素早さを調整するなら、最メジャーポケモンのガブリアスを意識しておきたいところ。
性格がおくびょうの場合、素早さに204振ることで最速ガブリアスを抜くことができる。

【ダブル】りんしょうアタッカー型

特性:フリーズスキン
性格:ひかえめorれいせい
努力値:HC252
持ち物:こだわりメガネ/きあいのタスキ/つららのプレート/いのちのたま
確定技:りんしょう/まもる
攻撃技:ハイパーボイス/フリーズドライ/げんしのちから/だいちのちから/ラスターカノン/サイコキネシス/あくのはどう/ミラーコート
補助技:めいそう/でんじは

フリーズスキンの効果でりんしょうは威力108になる。
味方がりんしょうを使うと、同じくりんしょうを使ったポケモンは
行動順が引き上げられて威力が2倍になる。
フリーズスキン・追従りんしょうで威力216の氷タイプ攻撃が使える。
 
元々鈍足なので、トリックルームとの相性もよい。
その場合は自前の多彩な技で戦ったり、
りんしょうをしてポリゴンZなどの中速高火力の行動順引き上げができる。


対アマルルガ

注意すべき点
ゆきふらしに加えてステルスロック・でんじはでの後続サポート。岩複合により炎等倍。
フリーズスキンの場合はみがわり貫通のハイパーボイスで思わぬダメージを受ける事も。
水に抜群のフリーズドライ、相性補完のだいちのちからも覚えるため攻撃範囲が広い。
対策方法
格闘・鋼技が4倍。特殊耐久は高くミラーコートもあるので、物理技で攻めるのが安全。
タネマシンガンやロックブラスト等の連続技なら所持率の高いきあいのタスキも貫通できる。
バンギラスギガイアスニョロトノなら天候を変えられる上にタイプでも有利。

覚える技

レベルアップ

6th
~SM
威力命中タイプ分類PP備考
アマルスアマルルガ
-1フリーズドライ70100こおり特殊20
11なきごえ-100ノーマル変化40
11こなゆき40100こおり特殊25
-1*でんじは-90でんき変化20*SM以降
-1*いわおとし5090いわ物理15*SM以降
55でんじは-90でんき変化20
1010いわおとし5090いわ物理15
1313こごえるかぜ5595こおり特殊15
1515とっしん9085ノーマル物理20
1818しろいきり--こおり変化30
2020オーロラビーム65100こおり特殊20
2626げんしのちから60100いわ特殊5
3030りんしょう60100ノーマル特殊15
3434ゆきなだれ60100こおり物理10
3838あられ--こおり変化10
4143しぜんのちから--ノーマル変化20
4446アンコール--ノーマル変化5
4750ひかりのかべ--エスパー変化30
5056れいとうビーム90100こおり特殊10
5763はかいこうせん15090ノーマル特殊5
6574ふぶき11070こおり特殊5
-77※フリーズドライ70100こおり特殊20

※SMでは進化したときに覚える。

技マシン

No.威力命中タイプ分類PP備考
技04めいそう--エスパー変化20
技05ほえる--ノーマル変化20
技06どくどく-90どく変化10
技07あられ--こおり変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技13れいとうビーム90100こおり特殊10
技14ふぶき11070こおり特殊5
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技16ひかりのかべ--エスパー変化30
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技20しんぴのまもり--ノーマル変化25
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技2410まんボルト90100でんき特殊15
技25かみなり11070でんき特殊10
技26じしん100100じめん物理10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技29サイコキネシス90100エスパー特殊10
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技33リフレクター--エスパー変化20
技37すなあらし--いわ変化10
技39がんせきふうじ6095いわ物理15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技49エコーボイス40100ノーマル特殊15
技57チャージビーム5090でんき特殊10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技69ロックカット--いわ変化20
技71ストーンエッジ10080いわ物理5
技73でんじは-90でんき変化20
技77じこあんじ--ノーマル変化10
技78じならし60100じめん物理20
技79こおりのいぶき6090こおり特殊10
技80いわなだれ7590いわ物理10
技82ドラゴンテール6090ドラゴン物理10
技85ゆめくい100100エスパー特殊15
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技91ラスターカノン80100はがね特殊10
技96しぜんのちから--ノーマル変化20
技97あくのはどう80100あく特殊15
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技70フラッシュ-100ノーマル変化20
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
秘06いわくだき40100かくとう物理15

タマゴ技

6th7th威力命中タイプ分類PP備考
くろいきり--こおり変化30
でんじふゆう--でんき変化10教え
バリアー--エスパー変化20
ほうでん80100でんき特殊15
ミラーコート-100エスパー特殊20

教え技

6th7th威力命中タイプ分類PP備考
アクアテール9090みず物理10
だいちのちから90100じめん特殊10
ハイパーボイス90100ノーマル特殊10
こごえるかぜ5595こおり特殊15Lv
てっぺき--はがね変化15
アイアンヘッド80100はがね物理15
アイアンテール10075はがね物理15
でんじふゆう--でんき変化10タマゴ
げきりん120100ドラゴン物理15
いびき50100ノーマル特殊15
ステルスロック--いわ変化20
みずのはどう60100みず特殊20
しねんのずつき8090エスパー物理15

遺伝

タマゴグループ怪獣
孵化歩数7680歩
性別♂:♀=7:1
進化条件アマルス(夜にLv.39)→アマルルガ

遺伝経路

習得方法覚える系統
くろいきりリレーヌオー系統(水中1/陸上)/アメタマ(水中1/虫)/ゲッコウガ(水中1)→ゼニガメ(怪獣/水中1)
でんじふゆう教えデンリュウ系統/ボスゴドラ系統/トリデプス系統/エレザード系統
自力教え技(8BP)
バリアーリレードククラゲ系統(水中3)→サニーゴ(水中1/水中3)→ミズゴロウ(怪獣/水中1)
ほうでんレベルデンリュウ系統
ミラーコートリレーサニーゴ(水中1/水中3)/オニシズクモ系統(水中1/虫)→ゼニガメ/ミズゴロウ(怪獣/水中1)


[1] コータスやカバルドンは起点作りがメインなのでまともに殴り合う機会は少なく、バンギラス・ギガイアスはどちらの特性でも不利。メガリザードンY・ペリッパー・ニョロトノに至ってはむしろ不利になる。