ガオガエン - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

ガオガエン 節を編集

No.727 タイプ:ほのお/あく
通常特性:もうか(HPが1/3以下のときに炎技の威力が1.5倍になる)
隠れ特性:いかく(場に出た時か戦闘中この特性を得た時、場に出ている相手全員の攻撃を1段階下げる)
体重:83.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
いかく炎HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ガオガエン9511590809060530もうか/いかく
145585いかく込み無振り
161601いかく込み全振り
ウインディ90110801008095555いかく/もらいび/せいぎのこころ
130605いかく込み無振り
146621いかく込み全振り
炎/悪HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ガオガエン9511590809060530もうか/いかく
ヘルガー7590501108095500はやおき/もらいび/きんちょうかん
メガヘルガー75909014090115600サンパワー
威嚇+猫騙しHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ガオガエン9511590809060530もうか/いかく
ニャヒート658550805090420もうか/いかく
カポエラー5095953511070455いかく/テクニシャン/ふくつのこころ
ズルズキン65901154511558488だっぴ/じしんかじょう/いかく

ばつぐん(4倍)--
ばつぐん(2倍)みず/かくとう/じめん/いわ
いまひとつ(1/2)ほのお/くさ/こおり/ゴースト/あく/はがね
いまひとつ(1/4)---
こうかなしエスパー

第7世代のほのお御三家で、攻守ともに優秀な「ほのお×あく」複合タイプを備える重火力アタッカー。
とりわけその耐性は非常に優秀で、やけど無効・「いたずらごころ」無効・一貫しやすいあくゴースト半減・カプ・テテフの主力となるエスパー無効でありながらフェアリー等倍と、いずれの要素も個性的かつ需要が高いものである。
耐性に加え、「いかく」やとつげきチョッキの存在により数値以上に場持ちがよく、集中攻撃を食らいやすいダブルでもしぶとく生き延びて役割をこなす非常にタフなポケモンと言える。

シングルでは使用率上位に顔を見せたことはないが、下記の通りダブル適性が極めて高く、第7世代後期には使用率1位を継続して記録するようになった。

いかく」×ねこだまし使いとしての汎用性・優位性
ダブルではその存在だけで採用理由になる「いかく」及びねこだましを両方備える。
これにより、登場する度に相手全体の攻撃ランクダウン+縛りの解除・操作ができるため、ただ繰り出し回数を稼ぐだけでも盤面をコントロールする驚異的な影響力を持つ。
同じことができるのは他にカポエラーズルズキンだけで、これらが耐久不足やフェアリーの流行に苦慮する中、極めて優秀な耐性・耐久を誇り、ねこだまし使いの天敵たるカプ・テテフにも弱くないガオガエンの汎用性は頭ひとつ抜けていると言える。
また、卓抜したサポート性能に加え自身にも十分なアタッカー適性があり、フレアドライブによる決定力・はたきおとすによるきのみ等の無力化・とんぼがえりによる「いかく」×ねこだましの再利用など、ただ生存するだけで豊富な役割を持たせることができ非常に腐りにくい。
役割対象がダブルに多い
役割対象となるメガメタグロスメガリザードンYゲンガーエルフーンギルガルドカプ・テテフナットレイらは、シングルでもさることながらダブルでの採用率が非常に高い。
これら及びこれらを含む横の並びを強く牽制できるガオガエンは、環境に突き刺さるポケモンと言える。
また、クレセリアゴチルゼルヤレユータンなどエスパーの多いトリックルーム使いにも総じて強く、タイプで有利であるのみならずねこだましによるギミック妨害もでき、ルーム展開を許してしまっても自身の鈍足から不利になりにくい。
役割対象に関しては枚挙に暇がないほどである。
相性のよいポケモンが多い
その汎用性の高さから組めるポケモンも多く、様々な並びが考案されている。
相性が悪いポケモンを探す方が難しいと言えるが、とりわけメガサーナイトの相性は攻守両面で抜群であり、あちらの行動機会を確保しつつ苦手なポケモンを倒してやることができる。
ガオガエンの「いかく」解禁以降、圏外だったサーナイトの採用率も大きく上昇している。

ガオガエンの大流行に伴い、ダブルの環境には様々な変化がもたらされた。
環境トップクラスの「いかく」がガオガエンとランドロスメガボーマンダの3体体制になったことで、居座って仕事をする物理エースは苦しくなり、メガガルーラクラスの性能であっても採用率を落とすことになった。
また、汎用性の高いねこだまし使いの参入により、多くのパーティがおいかぜ・トリックルームのような素早さ操作を気軽に取り入れられるようになり、いわゆるスイッチトリルの活用機会も大幅に増えた。
反面、発動機会が急増した「かちき」「まけんき」「あまのじゃく」が再評価され、ミロカロスに至っては使用率上位に顔を見せるまでに成長。
変わったところではガオガエンに強いメガシンカ枠としてメガカメックスが注目されるなど、ダブルの環境はこのポケモンを中心に再構築されつつあると言える。


ネタ型やマイナー型こちらにあります。



特性考察 節を編集

いかく
ガオガエンの肝と言える隠れ特性。
高耐久でとんぼがえりを覚えるガオガエンは繰り出し回数を稼ぎやすく、登場する度にこの特性で相手の攻撃ランクを1段階下げることができる。
タイマン性能を底上げするのはもちろんのこと、サイクルの中で後続の起点を作ったり、他のいかく持ちと組ませて物理アタッカーを機能不全に陥れることができる。
対象が相手全体になるダブルでは更に有用で、「場に出る度に発動できる」という条件が重なるねこだましとの相性もよく、ただガオガエンを出し入れするだけでも強烈なアドバンテージを生み出すことが可能。
特にコンボを意識せずとも強力な特性であり、こちらで確定。
シングル・ダブル共にこの特性が99%以上の採用率を占める。
もうか
おなじみ御三家の固有特性。
HP1/3以下でほのお技の威力が1.5倍になる。
耐久力に優れるガオガエンは発動圏内で踏み留まることも多く有用だが、いかくの有用性には敵わず候補外。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中効果解説
フレアドライブ120(180)100火傷10%
反動1/3
タイプ一致技。反動が痛い。
ほのおのパンチ75(112)100火傷10%タイプ一致技。反動を嫌う場合。
ニトロチャージ50(75)100素早↑100%タイプ一致技。追加効果が優秀で、とつげきチョッキでも使えるが抜けない相手は多い。
DDラリアット85(127)100能力変化無視タイプ一致技。相手の防御、回避の上昇を無視できるが
一方で相手の下降ランク補正も無視してしまう点には注意が必要。
専用Zワザ「ハイパーダーククラッシャー」の発動に必要。
はたきおとす65(97)→
97(145)
100持ち物排除タイプ一致技。追加効果優秀でZクリスタルやメガストーン以外には高火力。
2回目以降の威力やZワザ化での使用ではDDラリアットに軍配が上がる。
じごくづき80(120)100音技封じタイプ一致技。ハイパーボイスやほえるに強い。
出したターンを含め2ターン限り。後攻なら実質1ターン。
とんぼがえり70100自分交代攻撃しつつ撤退。Sの低さを活かし後続の無償降臨にも。
いかくを発動しやすいほか、こだわりアイテムとも好相性。
じしん100100対炎。高威力・広範囲で高性能のサブウェポン、ヒードランへ。
かみなりパンチ75100麻痺10%みずひこう。特にギャラドスマリルリへ。
ばかぢから120100自攻撃・防御↓100%対岩・悪。高威力かつゴーストを呼ばないので通りやすい。
一致技を両方半減するバンギラスに有効。
うち逃げならデメリットもあまり気にならない。
クロスチョップ10080急所ランク+1ばかぢからと違いデメリットなしで連発できるが、命中不安。
ドレインパンチ75100体力吸収追加効果が優秀。タイプ不一致だがビルドレインも可能。
ローキック65100素早↓100%上記同様一貫しやすく追加効果が優秀。
けたぐり~120100威力体重依存デメリット無しだが相手の重さによって威力が変化。
きゅうけつ80100HP吸収対悪。攻撃範囲を考えるとドレインパンチのほうがよいか。
げきりん120100行動固定対ドラゴン。先手は取りにくいので交代読みで。
ねこだまし40100優先度+3
怯み100%
タスキ潰しに。とんぼがえりとあわせて。主にダブルで。
がむしゃら100素早さが低いので使いづらいが起点回避などに使える。
なげつける100鉄球なげつける(130)<ハイパーダーククラッシャー(180)なので、
でんきだまで麻痺させたい場合のみ採用。
特殊技タイプ威力命中効果解説
オーバーヒート130(195)90特攻↓↓タイプ一致技。連発には向かない。役割破壊向き。
だいもんじ110(165)85火傷10%タイプ一致技。威力・命中は劣るがデメリット無し。
あくのはどう80(120)100怯み20%タイプ一致技。怯みは狙いにくい。
バークアウト55(82)95特攻↓100%タイプ一致技。追加効果が優秀。みがわり貫通。ダブルでは相手全体攻撃。
変化技タイプ命中解説
おにび85物理アタッカー対策。交代読みで。
つるぎのまい-攻撃を強化。じこさいせいやなまけるに強い。
ビルドアップ-攻撃・防御を補強。きゅうけつと相性がよい。
わるだくみ-特攻を強化、Cは並程度なためあれば火力補強になる。
みがわり-補助技対策や、もうかの発動に。
ちょうはつ100起点回避や耐久型の機能停止に。搭載するならS調整したい、
ほえる-起点回避技、みがわりも流せる。

Zワザ考察 節を編集

Zワザ元にする技威力解説
ハイパーダーククラッシャーDDラリアット180(270)専用Zワザ。詳細は後述。
ダイナミックフルフレイムフレアドライブ190(285)反動無し。A252でメガゲンガー確1、A特化でB特化テッカグヤ確1。
ライジングランドオーバーじしん180A特化でH振りAベトベトンを確1。
ぜんりょくむそうげきれつけんクロスチョップ180A特化でH振りメガガルーラを高乱1。H252メガバンギラス確1。
アルティメットドラゴンバーンげきりん190A特化で無振りボーマンダをいかく込みで確1。
ハイパーダーククラッシャーについて

あくタイプの攻撃技で最高の威力[1]を誇るが、確定1発にできる相手はあまり多くない。
目安としてA特化時には耐久指数18500前後までを確1。これは無振りファイヤーやH振りフライゴンの耐久指数に相当する。
無振りメガリザードンXを56.3%の中乱1、H252ウォッシュロトム62.5%の乱1になることからわかる通り、容易に中乱数に持ち込まれてしまう。
ガオガエンは打たれ強さを生かして「とんぼがえり」「はたきおとす」「ねこだまし」で場を荒らす戦い方に向いており、「とつげきチョッキ」「フィラのみ(とその互換)」も捨てがたい。
PGLではシングル・ダブルともにガオガエンZよりも採用率が高い持ち物があるのが現状である。

シングルバトルではギルガルドのゴーストZのような感覚で使うのではなく、相手がある程度消耗してきた状況から一気に削りきりたい場面を見極めて使う必要がある。
あるいは、つるぎのまいと組み合わせて確1にできる範囲を広げるのも良いだろう。

ダブルバトルでは、あく抜群の高耐久「トリックルーム」始動ポケモンに効果的である。
ヤレユータン程度なら相手のいかく1回込みでも撃破圏内だが、クレセリアレベルの耐久になると、HB特化でいかく0回で低乱数、H252振り+いかく1回で確定2発になってしまうので過信は禁物。

H252振りギルガルドを確1にできるが、ハイパーダーククラッシャーは接触技なのでキングシールドのA↓↓効果が発動してしまう。
ゴツゴツメットやてつのトゲ等の接触技に反応する効果には注意して使用したい。


型考察 節を編集

物理アタッカー型 節を編集

特性:いかく
性格:いじっぱり/ようき/ゆうかん
努力値:HA252ベース BDS調整
持ち物:とつげきチョッキ/こだわりハチマキ/こだわりスカーフ/いのちのたま/ゴツゴツメット/Zクリスタル/半分回復きのみ など
確定技:フレアドライブ(orほのおのパンチor特殊ほのお技)/DDラリアットorはたきおとす
攻撃技:じしん/けたぐりorドレインパンチorばかぢからorクロスチョップ/ニトロチャージ/かみなりパンチ/とんぼがえり/ねこだまし
補助技:つるぎのまい/ビルドアップ/おにび/まもる/みがわり/ちょうはつorほえる

相性補完に優れた2つの一致技を軸に戦う。
場持ちを活かしてつるぎのまい・ニトロチャージを積むか、いかくをフル活用してとんぼがえりでサイクルを回して戦うかのふたつの戦術に大別される。
いずれにせよほのお×あくの一貫性により腐りにくく、特に対ギルガルド性能が高いが、せいなるつるぎやキングシールドに注意。

繰り出す度に使えるねこだましは一見有用だが、シングルでは一部の確定数をずらせるかどうかといった程度の削りにしかならないため優先度はあまり高くない。

ほのお技はほとんどフレアドライブ一択。
高めの耐久が削れるのは痛いが、ほのおのパンチではまったく決定力が足りない。
稀に反動や接触を嫌って特殊ほのお技を採用した個体も存在するが、やはり火力に難があり、同じことがZフレアドライブでもできるため有用性は低い。

専用Zワザ「ハイパーダーククラッシャー」は強力だが、必ずしも採用すべきとも言えない。詳細はZワザ考察にて。

型サンプル
性格 :いじっぱり
努力値:H244 A244 S20 (実数値H201 A182 B110 C× D110 S83)
持ち物:ガオガエンZ
技構成:DDラリアット/フレアドライブ/つるぎのまい/じしん
Sは4振りバンギラス+1、火力やフレアドライブの反動考慮でHAは可能な限り多く振っている。
つるぎのまいを搭載することでキングシールド持ちギルガルドや、後出しされるメガボーマンダや物理受けも突破できる。
ギルガルドは専用Zワザ読みで十中八九キングシールド、もしくは交代してくるのでほぼ確実につるぎのまいが決まる。
Aランク↑ハイパーダーククラッシャーで無振りメガボーマンダが確1なので、隙を見て積んでしまえば大抵の相手は突破可能。
耐久をH20B84のメガボーマンダの特化すてみタックル耐え程度に抑えて、残りをSに回すのもよいだろう。

物理流し型 節を編集

特性:いかく
性格:わんぱくorいじっぱりorのんきorゆうかん
努力値:HB調整 残りAorS
持ち物:ゴツゴツメット/オボンのみ/フィラのみ/たべのこし/ラムのみ/カゴのみ/Zクリスタル
確定技:ほのおのパンチorニトロチャージorフレアドライブ/DDラリアットorはたきおとす
優先技:とんぼがえり/ねこだまし/ドレインパンチorきゅうけつ/おにび
攻撃技:じしん/けたぐり/ニトロチャージ/かみなりパンチ/オーバーヒートorだいもんじorかえんほうしゃ
補助技:ビルドアップ/つるぎのまい/まもる/みがわり/ちょうはつorほえる/ねむる/どくどく

いかく+とんぼがえり(+ねこだまし)に加え霊獣ランドロスをも上回る物理耐久と独特の耐性を活かして有利な物理アタッカーに対して繰り出していく。
AとSはランドロスに劣るもののほぼ一致技は地面一辺倒なランドロスに比べて技範囲が広く、4倍弱点もないため不意に崩される事も少ない。ドレインパンチ/きゅうけつなど一応の回復技も持ち、ダメージソース兼物理弱体化となるおにびも優秀。
ただし耐性上非接触の地面・岩技を誘いやすい事には注意。また受けポケモンとしてはフレアドライブはアンチシナジー。

炎物理技についての議論

↑かといってわざわざ威力を下げてまでほのおのパンチを入れるのは役としては不十分だろうか?
↑役割対象次第ではあるけど、このSじゃ後攻ほぼ確定だしゴツゴツメットの発動回数も増やしたい以上威力60相当の反動は厳しいと思う。
ゴツゴツメット2発+無振りフレアドライブでメガメタグロスが丁度飛ぶけど、特化DDラリアットでも同じ事できるし振ってない分を反動技で補うくらいならアタッカー型でよさそう。

【ダブル】基本型 節を編集

特性:いかく
性格:いじっぱり/ゆうかん/ようき/しんちょう
努力値:下記にて
持ち物:とつげきチョッキ/半分回復きのみ/Zクリスタル など
確定技:フレアドライブ/はたきおとす(推奨)orDDラリアット/ねこだまし
攻撃技:とんぼがえり/けたぐりorドレインパンチorばかぢから/バークアウト
補助技:まもる/ほえる/よこどり/ちょうはつ

ダブルのトップメタ。強みは概要欄に記載がある通りである。
シングルとは異なりねこだましが採用理由のひとつであるため確定技になり、こだわりアイテムは基本的に選択肢から外れる。
まもるを採用しにくいこともあって集中攻撃を食らいやすいので、とつげきチョッキや半分回復きのみで耐久を補うのが基本となる。
技構成は確定技3つに自由枠1つでおおむね共通しているが、性格・努力値振りにかなりの多様性がある。

性格・努力値振りについて
主に以下の4つが考えられるが、どれを選んでもよいというわけではなく、構築にあった選択が求められる。
  • いじっぱり(HAベース・ASベース)
    基本的な性格。
    耐久はいかくやとつげきチョッキで補えるため、性格・努力値振りによりガオガエン自身に決定力を与える合理的な選択である。
    アタッカー性能にも期待が持てるため、自由枠としてサブウェポンになる補完技、特にけたぐり・ばかぢからの優先度が高まる。
    HAベースがメジャーだが、頻発するミラーや対バンギラス、また追い風下での130族や各種スカーフ持ち抜きを意識してASベースに近い配分になることもある。
  • ゆうかん(HAベース)
    トリックルーム下での活用を意識した選択。
    自身がトリルエースを務めるためにA特化になりやすく、Zクリスタルを所持している個体も多い。
    もっとも、60族近辺はミラーを含め激戦区なので安易に逆補正をかけるべきではなく、完全にトリックルームに特化したパーティでなければ候補に上がることは少ない。
  • ようき(ASベース・HSベース)
    頻発するミラーを制するためにSに補正をかける選択。最速を採ることが多い。
    ガオガエンが大流行する現環境においては有用と言えるが、必然的に火力・耐久のどちらかを犠牲にするため扱いが難しくなる。
    環境・構築依存の向きが強い。
  • しんちょう(HD特化)
    場持ちのよさを最大限まで高めた選択。とつげきチョッキとの併用が多い。
    HD特化+とつげきチョッキの耐久は尋常ではなく、C179ウツロイドのパワージェムを確定3発、Zパワージェムをギリギリ確定2発に抑え込むほど。
    火力・素早さを大きく犠牲にするが滅多なことでは処理されなくなり、相性不利な相手にも強引に居座れるため、自身のサポーター適性を十分に発揮できる。
    アタッカー性能には期待できなくなるためサブウェポンのかくとう技は採用されず、そのサイクル性能を活かすためにとんぼがえりを所持する。
    最大限の耐久を得るのが目的なので、調整の余地はなくHD特化する。
持ち物について
ほとんど以下の3択と言ってよい。
  • とつげきチョッキ
    いかくを持つガオガエンは特殊技での処理を狙われやすいため、その隙を補う形で採用する。
    まもるが採用できなくなるデメリットがあるが、もともと技スペースが厳しくフルアタになりがちなガオガエンでは大きな問題になりにくい。
  • フィラのみ系統
    大意はとつげきチョッキと同じ。
    とつげきチョッキであれば耐えられたはずの大火力特殊技には弱くなるのがデメリット。
    しかし発動圏内で踏みとどまれるなら、とつげきチョッキと同程度の耐久加算として捉えることが出来る。
    とつげきチョッキと異なり物理技にも効果があるのと、まもるを採用できるのがメリット。
  • Zクリスタル(ホノオZ・ガオガエンZ)
    ガオガエン自身にエース適性が求められる場合に採用する。
    他の持ち物とは違い耐久には寄与しないため、こちらが消耗する前にZワザの大火力で相手のサイクルを崩す前向きな運用が求められる。

対ガオガエン 節を編集

注意すべき点
火力・耐久共に高水準。通りのよい一致技に加え、高威力のサブ技も習得。
DDラリアットやつるぎのまい、火傷無効の耐性を持つため耐久型に強い。
おにびやとんぼがえりなど交代読みの技も充実しており、安易な受け出しは禁物。
隠れ特性「いかく」の個体はさらに耐久に磨きがかかるので、物理技では上から殴って倒すという対策もしづらい。
タイプ上ギルガルドや鋼タイプには滅法強く、つるぎのまいなどの積み技も完備。
足は遅いものの、交代読みで積まれるといかく持ちや耐久ポケモンでも後出しは安定しない。
専用Zワザの威力も高く、ギャラドスや霊獣ランドロスは無振りだとA特化ハイパーダーククラッシャーでいかく込みでも7~8割削られる。
対策方法
耐久は優秀だがSが低いので、みずやフェアリーの高速特殊アタッカーのタイプ一致高火力技やZワザで弱点を突くとよい。
また、専用Zワザ含め主力技の大半が接触技なので、耐久に厚く振ったポケモンにゴツゴツメットを持たせて受けだしすればHPを削れる。
マリルリカプ・レヒレなどは一致技を両方半減できるので後出しが安定する。
かちきミロカロスなら有利を取れるが、チョッキ持ちH振り個体に対してはC+2無補正ねっとうでは確2なので注意。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

SMUSM威力命中タイプ分類PP備考
ニャビーニャヒートガオガエンニャビーニャヒートガオガエン
--1--1DDラリアット85100あく物理10
--1--1ビルドアップ--かくとう変化20
--1--1じごくづき80100あく物理15
111111ひっかく40100ノーマル物理35
111111ひのこ40100ほのお特殊25
-11-11なきごえ-100ノーマル変化40
-11-11したでなめる30100ゴースト物理30
444444なきごえ-100ノーマル変化40
888888したでなめる30100ゴースト物理30
111111111111にらみつける-100ノーマル変化30
151515141414ほのおのキバ6595ほのお物理15
---161616にどげり30100かくとう物理30
181919181919ほえる--ノーマル変化20
222424222424かみつく60100あく物理25
252828252828いばる-85ノーマル変化15
293333293333みだれひっかき1880ノーマル物理15
--*--*DDラリアット85100あく物理10*進化時
323738323738あばれる120100ノーマル物理10
364244364244かえんほうしゃ90100ほのお特殊15
394649394649こわいかお-100ノーマル変化10
435155435155フレアドライブ120100ほのお物理15
465560465560げきりん120100ドラゴン物理10
--66--66クロスチョップ10080かくとう物理5

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01ふるいたてる--ノーマル変化30
技05ほえる--ノーマル変化20
技06どくどく-90どく変化10
技08ビルドアップ--かくとう変化20
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技12ちょうはつ-100あく変化20
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技26じしん100100じめん物理10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技28きゅうけつ80100むし物理10
技31かわらわり75100かくとう物理15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技35かえんほうしゃ90100ほのお特殊15
技38だいもんじ11085ほのお特殊5
技41いちゃもん-100あく変化15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技43ニトロチャージ50100ほのお物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技47ローキック65100かくとう物理20
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技50オーバーヒート13090ほのお特殊5
技52きあいだま12070かくとう特殊5
技56なげつける-100あく物理10
技59ぶんまわす60100あく物理20
技60さきおくり-100あく変化15
技61おにび-85ほのお変化15
技62アクロバット55100ひこう物理15
技63さしおさえ-100あく変化15
技65シャドークロー70100ゴースト物理15
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技75つるぎのまい--ノーマル変化20
技78じならし60100じめん物理20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技89とんぼがえり70100むし物理20
技90みがわり--ノーマル変化10
技95バークアウト5595あく特殊15
技97あくのはどう80100あく特殊15
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

タマゴ技 節を編集

7th威力命中タイプ分類PP備考
かみくだく80100あく物理15
ねこだまし40100ノーマル物理10
ねっぷう9590ほのお特殊10教え
のしかかり85100ノーマル物理15
リベンジ60100かくとう物理10
わるだくみ--あく変化20
Uつけあがる20100あく物理10

教え技 節を編集

7th威力命中タイプ分類PP備考
ブラストバーン15090ほのお特殊5
ほのおのちかい80100ほのお特殊10
いびき50100ノーマル特殊15
かみなりパンチ75100でんき物理15
ほのおのパンチ75100ほのお物理15
アイアンヘッド80100はがね物理15
がむしゃら-100ノーマル物理5
げきりん120100ドラゴン物理15Lv
ねっぷう9590ほのお特殊10タマゴ
ばかぢから120100かくとう物理5
はたきおとす65100あく物理20
けたぐり-100かくとう物理20
よこどり--あく変化10
ドレインパンチ75100かくとう物理10
しめつける1585ノーマル物理20
ダブルチョップ4090ドラゴン物理15
ほしがる60100ノーマル物理25
きあいパンチ150100かくとう物理20
じだんだ75100じめん物理10
じごくづき80100あく物理15Lv

遺伝 節を編集

タマゴグループ陸上
孵化歩数3855歩
性別♂:♀=7:1
進化条件ニャビー(Lv.17)→ニャヒート(Lv.34)→ガオガエン

遺伝経路 節を編集

※すべてドーブルでOK



[1] 同率に「いじげんラッシュ」を元にした「ブラックホールイクリプス」がある。