シャンデラ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新の型(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

シャンデラ

No.609 タイプ:ゴースト/ほのお
通常特性:もらいび(炎技を受けるとそれを無効にし、交代するまで炎技の威力が1.5倍になる)
     ほのおのからだ(接触技を受けると30%の確率で相手をやけど状態にする)
隠れ特性:すりぬけ(リフレクター・ひかりのかべ・しんぴのまもり・しろいきり・みがわりを無視して攻撃できる)
体重  :34.3kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
同複合HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
シャンデラ6055901459080520もらいび/ほのおのからだ/すりぬけ
ズガドーン531275315179107570ビーストブースト

Aガラガラは能力傾向が異なるので除外。


ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)みず/じめん/いわ/ゴースト/あく
いまひとつ(1/2)ほのお/くさ/こおり/どく/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/4)むし
こうかなしノーマル/かくとう

特性「もらいび」の場合、ほのお無効


ゴースト×ほのお」の複合タイプを持つポケモン。
禁伝・メガシンカを除くとゴーストタイプとしてはズガドーンギルガルドに次ぎ、第三位の特攻種族値を持つ。
受けられやすいが高威力の炎技と、威力不足だが一貫性の高いゴースト技という使い勝手の異なる一致技を撃ち分けられる。
弱点は多いが耐性も多く、現環境で勢いのあるフェアリー、そのフェアリー対策として数を増やしているどくはがねに耐性があるのも強み。

同複合では、物理アタッカーであるAガラガラと、同じ特殊アタッカーのズガドーンがいる。
物理かつ持ち物固定のAガラガラとは動きが根本的に違うので完全に別物と割り切ってよいが、ズガドーンはシャンデラを更に上回る特攻と高い素早さ、強力な専用技を持つ。
メインウェポンに限って見れば火力で勝り上から叩ける範囲が広いズガドーンに一歩譲るも、あちらは3V固定の仕様上めざパ闘を覚えられず、サブウェポンもかなり少ない部類。
シャンデラは自力でくさ技を覚えられ、おにび+たたりめやすりぬけトリック、ちいさくなるなどの搦め手にも長けているので差別化を意識する必要は薄い。
加えて、ズガドーンは耐久力が極端に低く繰り出し性能に難があり、耐性を活かしたサイクル戦への適性では最低限の耐久力を持つシャンデラに軍配が上がる。

新要素のZワザは、オーバーヒートのデメリットやゴースト技の火力不足を解消できるためアタッカー型にとっては強化点。
一方でちいさくなるやトリックを使いにくくなった点はマイナスで、特に回避型においては相手に使われると厄介である。

有用なレベル技のうち、ちいさくなる・ほのおのうず・おきみやげ・れんごく・のろいなどはシャンデラになると思い出せなくなる。
遺伝技に混ぜておけば後からでもカスタマイズしなおせるので安心。


過去の型こちらに、ネタ型やマイナー型こちらにあります。



特性考察

もらいび
ちいさくなる型などで起点化できる相手を増やす。
アタッカー型でも炎の一貫性を消せるのは優秀。炎技は高威力なものが多いため、無効と半減の差は大きい。
特にバシャーモの一致技を両方無効化できる点は魅力。ゴーストなのでとびひざげりの技外しダメージも狙える。
純粋に耐性強化できることで、ズガドーンとの耐久力の差をより活かせる点も評価点。
物理アタッカーの裏に置いておにびを誘い、無償降臨+火力補強も狙える。
ポリゴン2にトレースされると有効打を失う点には注意。
ほのおのからだ
撃たれやすい弱点技は非接触が多く、ノーマル・格闘無効なので発動機会は少ない。
ウルガモスファイアローのように再生回復技も持たないため、物理受けの素質は無い。
役割対象のハッサムルカリオメタグロスなどの鋼技読みで出せば発動機会もあるが、他2つより優先度は低い。
すりぬけ
隠れ特性。壁やみがわりに強いのは、アタッカーとして大きな利点。
みがわりを気にせず豊富な変化技を使えるので、上記と合わせて相性は抜群によい。
やどみが戦法を使う草タイプやテッカグヤクレッフィにも強い。
すりぬけ+クリアスモッグを使える唯一のポケモンであり、ちいさくなるメタとしても有用。

ただし、第7世代ではクレッフィの減少やZワザの必中効果により、シャンデラに上記メタを一任させる必要性は薄くなっている。
トリックはZクリスタルに、おにびはミストフィールドで対策されるなど、みがわり貫通の変化技が機能する場面も減っている。
6世代では最大手であったが、第7世代以降はすりぬけ型とほぼ数を入れ替える形でもらいび型が優勢になっている。

技考察

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
オーバーヒート130(195)90特攻↓↓タイプ一致技。連発には向かない。撃ち逃げ向き。
特攻実数値192以上でH252D4シールドギルガルドを確定1発。
だいもんじ110(165)85火傷10%タイプ一致技。高威力・命中不安。
かえんほうしゃ90(135)100火傷10%タイプ一致技。中威力・命中安定。
ニトロチャージ50(75)100素早↑100%タイプ一致技。追加効果が優秀。威力はタスキ潰し程度。
シャドーボール80(120)100特防↓20%タイプ一致技。炎技とあわせて全18タイプに等倍以上。
たたりめ65(97)/
130(195)
100-タイプ一致技。状態異常の相手に威力倍増。
おにびやどくどくとあわせて。
エナジーボール90100特防↓10%対水・岩。炎技との相性補完に優れる。
サイコキネシス90100特防↓10%炎/格闘や水/毒、メガフシギバナ等に。
クリアスモッグ50必中能力変化解除積み技対策。すりぬけならみがわりを貫通できるがはがねには効果無し。
めざめるパワー-60100-4倍狙いの氷、岩、対バンギラスサザンドラの格闘など。
変化技タイプ命中備考
おにび85物理アタッカー対策。炎やこんじょう持ち格闘は呼びにくいので撃ちやすい。すりぬけならみがわり貫通。
もらいびには注意。
どくどく90耐久型対策。すりぬけならみがわりを貫通できる。
いたみわけ-削り技兼回復技。使うタイミングはシビア。
ちいさくなる-回避率強化。ヘビーボンバーは半減だが、Zワザに注意。
めいそう-特攻・特防を補強。居座り型なら。
みがわり-補助技対策や、ふいうちの回避に。
ちょうはつ100補助技対策。耐久型には先制しやすい。
トリック100スカーフやメガネとあわせて。すりぬけならみがわりを貫通できる。メガストーン・Zクリスタルには無効。
おきみやげ100自主退場技。起点作りに。
のろい-削り技。ほのおのうずとあわせて。
トリックルーム-サポート用。のろいやおきみやげで退場可能。

Zワザ考察

※特記なければC特化でのダメージ

Zワザ元にする技威力解説
ダイナミックフルフレイムオーバーヒート195(292)最高火力。H252カプ・テテフ確1。H252しんかのきせきポリゴン2に71.8%〜84.8%
半減でもD4ガブリアスに61.7%〜72.6%+シャドーボールで確殺。
だいもんじ185(277)通常使用でのオーバーヒートの特攻低下を嫌う場合に。
むげんあんやへのいざないシャドーボール160(240)一貫性の高い高威力一致技。D4ガブリアス・H252クレセリア・D特化ギルガルドいずれも確定一発。
H252ヒードランに77.7%〜92.4%。半減でもH252サザンドラに44.7%〜52.7%の削り。
ブルームシャインエクストラソーラービーム190耐岩・水。H252カプ・レヒレ確定1発。H252バンギラスに83%〜98.5%+だいもんじで確殺。
マキシマムサイブレイカーサイコキネシス175H252メガフシギバナ確定1発。

型考察

特殊アタッカー型

特性:もらいび/すりぬけ
性格:ひかえめ/おくびょう
努力値:HC252/CS252
持ち物:きあいのタスキ/Zクリスタル/こだわりメガネ/ふうせん/とつげきチョッキ
確定技:だいもんじorオーバーヒートorかえんほうしゃ/シャドーボール
攻撃技:エナジーボール/サイコキネシス/めざめるパワー(氷/闘)/ニトロチャージ
変化技:トリック/めいそう/おにび/みがわり/おきみやげ/ちょうはつ

耐性を活かして繰り出し、高い特攻で交代先に負荷を掛けるアタッカー型。
努力値振りは上からの一撃で倒すことで行動回数を確保するCSベースと、サイクルと撃ち合いに特化したHCベースのいずれか。
比較的相手との有利不利がはっきりした耐性のため、基本は火力重視のひかえめで素早さ調整の残りを耐久に回すのがベター。

S調整例は準速キノガッサ抜きの無補正180振りや、多くのポケモンがメタを張る最速61族(テッカグヤ)抜きの無補正196振りなど。
確実に抜ける範囲を増やせる準速や80族ミラー意識の最速も候補としては十分あり。仮想敵に合わせて調整すること。

炎タイプ唯一のすりぬけ持ちであり、音技が通りにくい鋼タイプのみがわり持ちにみがわり貫通で一致弱点を突ける。
無補正C振りだいもんじでH振りテッカグヤ(HP204)を確1。みがわり後(HP153)ならかえんほうしゃでも一撃(168~198ダメージ)。

Zクリスタルは特にゴーストZが一貫性・威力とも優秀。相手の後続にゴースト無効がいなければ半減でも相当な負荷となる。

スカーフ型

特性:もらいび/すりぬけ
性格:おくびょう(推奨)/ひかえめ
努力値:CS252
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:だいもんじorかえんほうしゃorオーバーヒート(両搭載可)/シャドーボール
優先技:エナジーボール
選択技:めざめるパワー(氷/闘)/サイコキネシス/トリック/おにび

こだわりスカーフで微妙な素早さを補う。
最速スカーフ(S実数値217)で最速145族(メガスピアーなど)抜き。準速95族スカーフ(カプ・テテフ等)は抜けない。
準速スカーフ(S実数値198)で抜けるのは最速ファイアローまで。最速130族(カプ・コケコメガゲンガー等)を抜くならおくびょうにする必要がある。
ひかえめC特化なら無振りガブリアスをシャドーボールで高乱数2にできるが、抜ける範囲が狭くなるデメリットのほうが大きいため、基本はおくびょう推奨。

無補正C振りオーバーヒートで無振りカプ・コケコを確1、めざめるパワー氷でH振り霊獣ランドロスを中乱1。
サイコキネシスでH252メガフシギバナを確2、エナジーボールで無振りゲッコウガを超高乱数1。
なお、H252カプ・レヒレもエナジーボールで確2にできるが、オボンのみ持ちやアタッカー型に撃ち負けるので、事前に削れてないと厳しい。

型サンプル
性格 :おくびょう
努力値:C212 B100 S196
実数値:H135 B123 C192 D110 S137
技構成:かえんほうしゃ/シャドーボール/オーバーヒート/エナジーボール

C:オーバーヒートでH252D4ギルガルド確1のライン、その他サブウェポンの確定数はC252振りとほぼ同じ
B:A↑↑ミミッキュのかげうち高乱数耐え(6.3%)
S:準速フェローチェ抜き抜き

CSに多く割く性質上、努力値の余りをHPに振った程度ではメジャーどころのからの確定数は変化が出ない。
皮を剥いだミミッキュの処理をできるようBに厚くしたが、他に仮想敵がいなければCSぶっぱ残りD(ダウンロード対策)が無難。

トリックルーム始動型

特性:もらいび
性格:れいせい/ひかえめ
努力値:HC252ベースBD調整
持ち物:きあいのタスキ/ふうせん/シュカのみ/Zクリスタル
確定技:トリックルーム
優先技:おきみやげorのろい
攻撃技:オーバーヒートorだいもんじorかえんほうしゃ/シャドーボール/エナジーボール/めざめるパワー(氷or格闘)
変化技:おにび/ちょうはつ/いたみわけ

独自の耐性と自主退場技を活かした起点作り型。
超火力なアタッカー型の存在があるため、ちょうはつを誘いづらく展開しやすい。
回避型の存在もあって相手は物理地面技で一撃で落とすことを狙って来るため、基本はそれを耐えるための持ち物が候補となる。

Sが中途半端な値のため、どちらかと言えばスイッチトリパやダブル向けの展開要員。
特性は耐性強化できるもらいび推奨。炎タイプを起点にトリックルームを展開できる。

メガクチートなどのエースと組まれている事が多いが、高火力を活かして自身がトリルエースとなることも可能。
特にバシャーモに後出ししてトリックルームを展開し、Zシャドーボールでサイクルを崩しにかかる動きは強力。

ちいさくなる回避型

特性:もらいび
性格:おくびょう
努力値:H204 S252 残りBCD
持ち物:たべのこし
確定技:ちいさくなる/みがわり
優先技:シャドーボール/のろい
攻撃技:かえんほうしゃ/ほのおのうず
補助技:ちょうはつ/いたみわけ

炎・ゴーストというタイプ構成により、起点にできるポケモンは多い。
流し際の隙にちいさくなるを積み、みがわりから展開していく。

特性は起点にできる相手を増やすためもらいびが優先される。
みがわりを搭載することで相手に2回の攻撃ヒットを強制できるため、確定。
持ち物はそのみがわりと相性のよいたべのこしか、確実に1回は積めるきあいのタスキからの選択。

みがわり貫通の音技、ちいさくなる状態に必中の技が増えているので、積みきったからと言って過信は禁物。
ちいさくなるメタの技は大半が半減以下だが、Zワザは必中なので注意。
ゴーストダイブは第七世代から必中ではなくなった。

技の選択について

シャドーボール>かえんほうしゃ
第六世代から鋼に等倍になり、かえんほうしゃより範囲が広いシャドーボールの方が優先度は高い。
Cにあまり振らないため攻撃回数が必然的に多くなり、20%の特防ダウン効果も期待できる。
かえんほうしゃはユキノオーナットレイなどピンポイント用。
のろい+ほのおのうずorいたみわけ
主に耐久型(スイクンラッキー、めいそうクレセリアなど)に撃つ。みがわり貫通で通るため、耐久型に刺さりやすい。
シャドーボールだけでは突破が難しい相手に刺さりやすいが、やはり遂行速度は遅め。
HPを半分削るので、交代防止のほのおのうずや、回復できるいたみわけをセット運用。
型サンプル
ほのおのうず/のろい/みがわり/ちいさくなる
上記の通りのろいから逃がさず削り取れる。
ただし、この構成だと定数ダメージにほぼ頼り切りなので火力が出ず、せっかくの特攻を全く活かせない。
シャドーボールなら素早く処理できる相手にもターン数がかかってしまって、かえって被弾率が上がる場合もある。
モタモタしているとサザンドラなど有利な相手を呼んで行動機会を多く与えてしまうことも少なくない。
採用するならば耐久ポケモンや、受けループメタとして。

受けループ対策型

特性:すりぬけ
性格:ひかえめ
努力値:S100 H76or204をベースに火力・耐久調整
持ち物:たべのこし/ふうせん
確定技:かえんほうしゃ/ちょうはつ
攻撃技:シャドーボール/めざめるパワー(氷)
変化技:おにび/みがわり/ねごと/おきみやげ

第六世代に流行したラキグライムドーを見るための型。
ラッキー対面からちょうはつ・みがわりを展開し受けループに行動を許さない。
ちょうはつ・かえんほうしゃが確定で入り、コンセプトとしてのラインを示すために独立した型を作成。

炎技について
最大の優先事項はPPとなるためかえんほうしゃが確定枠(役割対象の戦術においてまもる搭載が確定であることから)。

火力・範囲を重視しないためバンギラスサザンドラには基本型より一層弱くなっている。
役割対象以外への突破力がないことから、おきみやげを組み込むと汎用性が高まる。

【ダブル】基本アタッカー型

特性:もらいびorすりぬけ
性格:ひかえめorおくびょうorれいせい
努力値:C252をベースに型に応じてHS調整
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/こだわりスカーフ/メンタルハーブ/各種プレート など
確定技:ねっぷう/シャドーボール
優先技:まもる
攻撃技:オーバーヒートorかえんほうしゃorだいもんじ/エナジーボール/めざめるパワー(闘/氷)/クリアスモッグ
補助技:おにび/トリックルーム

高火力で腐りにくく、ねこだましの一貫を消すことのできるゴーストタイプをもつ。
トリックルームを覚えるため、始動役&アタッカーを担ったり、スカーフねっぷうでガンガン圧力をかけたりと型も多く、
ダブルにおいてはシングルとは異なる存在感を放つ。

相手物理アタッカーのふいうちをおにびですかして機能停止させるといった芸当も可能。
総じて高火力アタッカーとしては器用なポケモンである。

メガシンカ前のガルーラは、特性きもったまでねこだましを通してくる事があるので、こちらがスカーフ持ちでも油断は禁物。


相性考察

草タイプ、特にナットレイカプ・ブルルとの相性補完に優れる。
また、ゲッコウガマニューラなどシャンデラの苦手な地面タイプに睨みを効かせられる悪複合も相性がよい。
格闘技読みでシャンデラの無償降臨が狙え、ゲッコウガたちが呼ぶナットレイなどの高耐久の鋼タイプに対してシャンデラの一貫性を作りやすい。
もらいびによる炎の一貫切り兼トリックルームの始動役として、クチートポリゴン2と一緒にスイッチトリパに組み込まれることも多い。


対シャンデラ

注意すべき点
C145からの一致オーバーヒートが強烈。特性すりぬけにより壁やみがわりを貫通される。
サブには一貫性の高いシャドーボール、相性補完に優れるエナジーボール。
耐性が優秀で流し性能が高く、おにびやトリックルームなど補助技も豊富。
対策方法
一致技+草に耐性があり、素早さで勝るサザンドラヘルガーが有利。
Zクリスタル持ちならちいさくなる型にも必中かつ高火力のZワザを撃て、トリックも無効。
ポリゴン2でもらいびをトレースできれば完封できるが、トリックには注意。

覚える技

レベルアップ

  • ヒトモシ・ランプラー
5th~SM威力命中タイプ分類PP備考
ヒトモシランプラー
11ひのこ40100ほのお特殊25
11おどろかす30100ゴースト物理15
-1ちいさくなる--ノーマル変化10
-1スモッグ3070どく特殊20
33ちいさくなる--ノーマル変化10
55スモッグ3070どく特殊20
77ほのおのうず3585ほのお特殊15
1010あやしいひかり-100ゴースト変化10
1313ナイトヘッド-100ゴースト特殊15
1616おにび-85ほのお変化15
2020はじけるほのお70100ほのお特殊15
2424ふういん--エスパー変化10
2828たたりめ65100ゴースト特殊10
3333おきみやげ-100あく変化10
3838れんごく10050ほのお特殊5
4345のろい--ゴースト変化10
4953シャドーボール80100ゴースト特殊15
5561いたみわけ--ノーマル変化20
6169オーバーヒート13090ほのお特殊5
  • シャンデラ
5th
~SM
威力命中タイプ分類PP備考
1スモッグ3070どく特殊20
1あやしいひかり-100ゴースト変化10
1はじけるほのお70100ほのお特殊15
1たたりめ65100ゴースト特殊10
1*いたみわけ--ノーマル変化20*XY以降

技マシン

No.威力命中タイプ分類PP備考
技04めいそう--エスパー変化20
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技12ちょうはつ-100あく変化20
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技20しんぴのまもり--ノーマル変化25
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技22ソーラービーム120100くさ特殊10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技29サイコキネシス90100エスパー特殊10
技30シャドーボール80100ゴースト特殊15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技35かえんほうしゃ90100ほのお特殊15
技38だいもんじ11085ほのお特殊5
技42からげんき70100ノーマル物理20
技43ニトロチャージ50100ほのお物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技46どろぼう60100あく物理25
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技50オーバーヒート13090ほのお特殊5
技53エナジーボール90100くさ特殊10
技61おにび-85ほのお変化15
技63さしおさえ-100あく変化15
技66しっぺがえし50100あく物理10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技77じこあんじ--ノーマル変化10
技85ゆめくい100100エスパー特殊15
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技92トリックルーム--エスパー変化5
技97あくのはどう80100あく特殊15
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技59やきつくす60100ほのお特殊15
技70フラッシュ-100ノーマル変化20
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
第5世代
技19テレキネシス--エスパー変化15

タマゴ技

5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
クリアスモッグ50-どく特殊15
くろいきり--こおり変化30
こらえる--ノーマル変化10
とける--どく変化20
ねっぷう9590ほのお特殊10教え
ゆうわく-100ノーマル変化20
ようかいえき40100どく特殊30
パワーシェア--エスパー変化10

教え技

5th6th威力命中タイプ分類PP備考
いびき50100ノーマル特殊15
いたみわけ--ノーマル変化20Lv
うらみ-100ゴースト変化10
トリック-100エスパー変化10
ねっぷう9590ほのお特殊10タマゴ
でんげきは60-でんき特殊20
あくのはどう80100あく特殊15技97
ねごと--ノーマル変化10技88

遺伝

タマゴグループ不定形
孵化歩数5120歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2560歩)
性別♂:♀=1:1
進化条件ヒトモシ(Lv.41)→ランプラー(やみのいし)→シャンデラ
経験値Lv.50=117,360 Lv.100=1,059,860

遺伝経路

クリアスモッグレベル技:マタドガス系統・マグカルゴ系統
くろいきりレベル技:マタドガス系統・デスカーン系統
こらえるレベル技:マッギョ
とけるレベル技:ベトベトン系統・Aベトベトン系統
ねっぷう教え技:マグカルゴ系統
自力習得:5th・6th教え技
ゆうわくレベル技:サーナイト
ようかいえきレベル技:シビビール・シビルドン
パワーシェアレベル技:デスカーン系統

遺伝先