ナットレイ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新の型(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

ナットレイ

No.598 タイプ:くさ/はがね
通常特性:てつのトゲ(接触技を受けると最大HPの1/8ダメージを与える)
隠れ特性:きけんよち(相手が弱点タイプの攻撃技または一撃必殺技を覚えているかどうかが分かる)※テッシードの時、「てつのトゲ」
体重  :110.0kg(けたぐり・くさむすびの威力100)
草/鋼HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ナットレイ74941315411620489てつのトゲ/きけんよち
カミツルギ591811315931109570ビーストブースト
鈍足ジャイロボール使いHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ナットレイ74941315411620489てつのトゲ/きけんよち
ツンデツンデ611312115310113570ビーストブースト
ハガネール7585200556530510がんじょう/いしあたま/ちからずく
メガハガネール75125230559530610すなのちから

ばつぐん(4倍)ほのお
ばつぐん(2倍)かくとう
ふつう(1倍)こおり/じめん/ひこう/むし/ゴースト/あく
いまひとつ(1/2)ノーマル/いわ/はがね/みず/でんき/エスパー/ドラゴン/フェアリー
いまひとつ(1/4)くさ
こうかなしどく

第5世代出身の「くさ×はがね」複合タイプ。
耐性の噛み合わせが非常に優秀で、はがねの弱点であるじめん等倍・等倍のみずでんき半減であり、これらではがね枠を突破しようとするパーティーを詰ませかねないほどの堅牢さを持つ。
どくどくで崩せないのはもちろん、くさタイプであるためやどりぎのタネ・ねむりごな・キノコのほうしなども効かず、汎用的な対策は4倍弱点のほのお技で縛る程度しか存在しないが、控えのほのおタイプ受けを考慮すると攻略は容易ではない。
安定行動になりやすいやどりぎのタネ・ステルスロック、極端な鈍足ゆえ大ダメージを見込めるジャイロボールの存在もあって、サイクル戦において無類の強さを発揮するポケモンと言える。
登場以降、ほのおタイプの重要性を大きく引き上げ、このポケモンの起点回避のためだけにめざめるパワー炎を仕込むポケモンも現れるなど、環境における影響力も非常に大きい。

もっとも、単体では鈍足であるため先制行動はまずできず、呼ぶほのおへの抵抗手段もない。
不一致のものならば耐えることが殆どとはいえメジャーなかくとうも弱点であり、流し性能は高いが自身も流されやすい性質を持つ。
それに鑑みても、前述通りサイクル戦が基本のポケモンであることは間違いないだろう。
対処できるポケモンが限られることから、相手の選出を縛りやすく、読みやすくなる点も確かなメリットである。

物理受け・特殊受け・アタッカーの全てをこなせるポテンシャルがあるが、世代により主運用が異なる非常に興味深い性質を持っている。
初登場となる第5世代では対雨パーティー性能を買われ大部分が特殊受けとして扱われたが、
続く第6世代ではメガガルーラマリルリなどを受ける物理受けとしての採用が主流となり、のんき・わんぱくの個体があわせて60%以上を占めていた。
第7世代現在ではカプ・テテフをはじめ特殊の仮想敵が大幅増加しており、未だ物理受けが多数でありながら特殊受け型も微増傾向、またこれまであまり注目されてこなかった性格「ゆうかん」のアタッカーが個体数を増やすなど分散傾向にある。
また、弱体化したでんじはの採用率が激減し、それに伴ってジャイロボールを捨ててまで素早さ調整をする必要はなくなったため、一定数存在したわんぱく・しんちょうの個体はほぼ絶滅し、のんき・ゆうかん・なまいきの3性格が上位を占めるようになった。


とつげきチョッキ型はノートにあります。
過去の型こちらに、ネタ型やマイナー型こちらにあります。



特性考察

隠れ特性は「きけんよち」だが、テッシードの時点では隠れ特性であっても「てつのトゲ」である。
そのため、ナットレイに進化させないとどちらの特性なのかがわからず、進化レベルも40と高いため、隠れ特性個体の厳選は他よりも手間を要する。

てつのトゲ
通常特性。基本はこれ。さめはだと同効果で、接触した相手に1/8のスリップダメージを与える。
物理受けを任されるナットレイとは非常に相性がよく、ゴツゴツメットと併せれば7/24ものHPを削る強靭なダメージソースとなる。
特殊受け型であっても擬似的に一定の物理対面性能を確保することが出来る。
第七世代ではてつのトゲのダメージで相打ちになった場合こちらの負けとなる点には注意。
きけんよち
隠れ特性。弱点の少ないナットレイにとっては発動/非発動で相手の技をおおよそうかがい知ることができ、
特に所持者がわかりにくいめざめるパワー炎を判定できるのは確かな利点である。
しかし有利不利の明白なナットレイは、きけんよちの発動に頼るまでもなく退くべき相手が多いことも事実。
てつのトゲであっても耐久型なら「まもる」で様子見することで相手の有効打の所持が判別できることもあり、
現状では本特性よりもてつのトゲを優先したいというのが結論である。
相手が積み技+有効打を持つ場合はまもるが悪手になるため、その場合に限れば迅速に後続に退ける点が評価できるが少々ピンポイントと言える。

技考察

攻撃技タイプ威力命中効果解説
ジャイロボール1~150
(1~225)
100-タイプ一致技。極端な鈍足と相性が良い。
この技をあえて非採用にするという選択肢はほぼない。
パワーウィップ120(180)85-タイプ一致技。高威力だが命中不安。
タネマシンガン25(37)*2~5100-タイプ一致技。命中安定。タスキやみがわりに強い。
5発ならパワーウィップを超えるが期待値は3発。
はたきおとす65/97100道具排除一貫性が高く交代読みで撃ちやすい。耐久型のしんかのきせきやたべのこしを落とせれば有利になる。
追加効果は優秀だが、メガストーン・Zクリスタルは落とせず、威力も上がらないことに注意。
変化技タイプ命中解説
やどりぎのタネ90一貫性の高い削り技。高耐久と相性が良い。
ステルスロック-サポート用。高い流し性能と相性が良い。
交代読みで使えればやどりぎのタネや攻撃技を選ぶより有効なことも多い。
まもる-様子見や、やどりぎのタネ・たべのこしのターン稼ぎに。
のろい-攻撃・防御を補強、素早さ低下。ジャイロボールと相性が良い。

採用されづらい技に関して

攻撃技タイプ威力命中効果解説
アイアンヘッド80(120)100怯み30%タイプ一致技だが低威力。でんじはの弱体化もあって現環境での採用は稀。
じならし60100素早↓100%対炎・電気・鋼。一致技との相性補完に優れるが、威力は低い。
素早さ下降は後続の間接的なサポートになる。しかしナットレイ自身にはほぼ恩恵がない。
じしんは覚えない。
しっぺがえし50/100100-後攻なら威力倍増。流し際には威力が上がらない。
基本的にはジャイロボールで事足りる。
つばめがえし60必中-対草・虫。ヘラクロスキノガッサに。
ころがる30905ターン行動固定
命中ごとに威力倍増
Zワザ化前提。リザードンウルガモスなどへ。
めざめるパワー(炎)60100-4倍ピンポイント。無補正無振りで無振りカミツルギを確1。
H振りメガハッサムは確3、H振りナットレイは超低乱3。
がむしゃら-100-有効打の無い相手に。鈍足高耐久なので使いにくい。
だいばくはつ250100自分瀕死大ダメージを与えつつ退場。起点回避に。
変化技タイプ命中解説
でんじは90妨害技。仕様変更で抜ける相手がほぼ居なくなった。ジャイロボールとの噛み合いも悪い。
どくどく90再生回復技持ちの耐久型への対策。毒は呼びにくいが、鋼には注意。
みがわり-補助技対策や、交代読みで。やどりぎのタネと相性が良いが技スペが厳しい。
つるぎのまい-攻撃を強化。流し際に積めるが、炎技持ちが来たら自身が流される。他の積み技も同様。
てっぺき-防御を強化。てつのトゲやゴツゴツメットとあわせれば物理に滅法強くなる。
ねをはる-やどりぎのタネ、たべのこしと合わせて徹底的に居座る。
ただし、交代できなくなるのは小さくないデメリット。

・最遅(Lv.50実数値22)時の相手の素早さ実数値によるジャイロボールの威力の目安

威力相手の素早さ備考
150132準速80族(カイリューメガフシギバナ等)、最速68族
120105無振り85族(スイクンクレセリア等)、準速53族
8070無振り50族(マリルリクチート等)

ちなみに、ジャイロボールの威力計算式は「(25*相手の素早さ実数値/自分の素早さ実数値)+1」で、最高威力は150、最低威力は1である。


型考察

物理/特殊受け型

特性:てつのトゲ
性格:のんきorわんぱく/なまいきorしんちょう
努力値:HBorHD252を基に耐久・素早さ調整
持ち物:たべのこし/ゴツゴツメット/フィラ・バンジ・イアのみ/オボンのみ/ラムのみ/オッカのみ
確定技:やどりぎのタネ
優先技:ジャイロボール
攻撃技:パワーウィップorタネマシンガン/はたきおとす/じならし/だいばくはつ
補助技:まもる/どくどく/ステルスロック/でんじは/みがわり/のろい

有利な相手に受け出しからの交代読みやどりぎのタネやでんじはで交代サイクルを回すナットレイの基本型。
以前は多少S調整してでんじはから抜ける相手を増やす型が主流だったが、麻痺の仕様変更により厳しくなった。
とはいえ、でんじはの搭載率の低下により読まれづらくなっているため、受けだされる相手エースへの妨害技としての価値は相対的に上がっている。

Sに振ったところで何が変わるというわけでもないため、基本的にはジャイロボールの威力を高めるのんきorなまいき最鈍推奨。
Sの低さにより最大威力が出しやすいため、A無振りでも等倍ならかなりの負荷を与えられる。
環境にフェアリーが増加したことで、一致草技を切ってジャイロボールのワンウェポンのみの個体も増えている。
なおその場合PPが最大で8だけなのでPP切れに注意。

めざめるパワー炎の採用が非常に有用。後出しから積みに来るカミツルギは耐久無振りなら確定一発、メガハッサムはやどりぎ+めざめるパワー炎でほぼ半分削るので相手は悠長に積めない、不毛な争いになる対ミラーでは一方的に勝てるためサイクル戦において厄介な相手のナットレイへの後出しが非常に安定する。

物理受けについて
ノーマル+地面、岩+地面、ドラゴン+地面などの攻撃技の組み合わせに強い。
メガガルーラにも強く、直接攻撃読みで出られれば、交代出しだけで、てつのトゲ+ゴツゴツメットでHPのほぼ半分を削れる。
特殊受けについて
水+氷、電気+氷、フェアリー+一致技などの攻撃範囲が多い水や電気やフェアリータイプに強い。
第七世代では環境の変化にともない特殊フェアリーへのメタとして特殊受けの流行も見られる。
草技はできれば入れておきたい。
特性はきけんよちも考えられる。
積み技について
炎タイプのエースなどを招きやすいため、サイクル戦主体の現環境には噛み合わず採用率は極めて低い。
一応のろいは対ミラーや耐久相手を起点にした崩しとして有用なものの、はたきおとすorどくどくでも比較的ローリスクに対処できる。
型サンプル
パワーウィップ/やどりぎのタネ/まもる/ジャイロボール@たべのこしorゴツゴツメット

H252B84振りで無補正A252振りテラキオンのインファイト耐え。
H252D108振りでC特化キングドラのこだわりメガネ+雨ハイドロポンプ2耐え。
H252D164振り、または、補正ありD108振りで無補正C252振りラティオスのこだわりメガネめざめるパワー炎耐え。

こだわりハチマキアタッカー型

特性:てつのトゲ
性格:ゆうかん
努力値:HA252 BorD4
持ち物:こだわりハチマキ
確定技:ジャイロボール/パワーウィップ
選択技:タネマシンガン/じならし/はたきおとす/からげんき/だいばくはつ/やどりぎのタネ/どくどく

得意不得意が明確に分かれていて相手の交代先を見越して技を撃ち逃げすることの多いナットレイはこだわり系アイテムとも相性がよい。
特に威力150のハチマキジャイロボールの火力には目を見張るものがあり、耐久無振りのガブリアスメガガルーラを乱1で倒せるほどの火力がある。

こだわりアイテムを持たせているものの、有効打のない耐久型への対策としてやどりぎのタネやどくどくなどの変化技を1つくらいは入れておくのも充分選択肢としてはありである。
特にソーナンスへの交代読みなどでやどりぎのタネ・どくどくを撃てばキャッチされてカウンターで成す術なくやられるということは避けられる。
またこだわりハチマキ持ちを疑ってきた相手にこだわっているように見せないという効果も一応ある。

先発起点作り型

特性:てつのトゲ
性格:ようきorわんぱくorしんちょうorいじっぱり(ジャイロボール採用時はのんきorゆうかんも候補)
努力値:HB252orHD252orHA252ベースでS調整
持ち物:きあいのタスキorオッカのみ
確定技:でんじは/ステルスロック
優先技:だいばくはつ/やどりぎのタネ/はたきおとす
攻撃技:パワーウィップ/アイアンヘッドorジャイロボール/じならし
補助技:どくどく

確実にステルスロックを撒くことを主軸にした型。
てつのトゲによる対物理性能を残し、メガガルーラガブリアスウォッシュロトムランドロスなどのメジャーな先発ポケモンに強いのが利点。

でんじは→ステルスロックが基本の動きだったが、第七世代ではでんじはの命中低下、麻痺の仕様変更が痛い。
特に麻痺の仕様変更の影響は深刻で、S無補正無振りでは無振り59族、最速でも最速91族までしか抜けなくなった。
90族付近で最速運用がメジャーなポケモンが現環境ではほぼいないため、Sは調整程度で十分と言える。

最速78族以上を抜くにはS上昇補正が必要。大きくSに振る場合は麻痺した準速ミミッキュ抜きの228振りが基準、最速ギャラドスも抜ける。
Sに上昇補正を掛けない場合は50~70族付近を仮想敵に調整。例としてはバンギラス抜きの無補正180振りなど。

抜ける相手が減った以上、持ち物も麻痺と合わせた行動回数の確保よりも、役割破壊に対する保険程度のものと捉えた方が良い。
そのためSには振らず、通常の耐久型と同じのんきHB252ベースで運用するのも可。


対ナットレイ

注意すべき点
草/鋼の複合により優秀な耐性と高い耐久値を持ち、受け出し性能や流し性能も高い。
てつのトゲ+ゴツゴツメットによる対物理アタッカー性能も持ち合わせる。
耐久型としてもやどりぎのタネやどくどくが無効で、ステルスロック、やどりぎのタネ、でんじは等で場作り→だいばくはつでの自主退場までできる。
昨今では物理アタッカー型も増加しており、S20からの高火力一致ジャイロボールで圧力をかけてくる。
対策方法
長期戦になればなるほど行動回数やてつのトゲの発動回数が増え、圧倒的不利になる。
やはり高火力の弱点技や一撃必殺技で速攻で終わらせたい。特に炎技は4倍弱点なので大ダメージを与えられる。
やどりぎのタネやどくどくは通用しないが、おにびは有効。定数ダメによる確実なダメージソース+Aを下げられる。
やどりぎや守るターンを読んで有利なポケモンに交代したり身代わりを貼るのもよい。ただしハチマキ型に注意。
炎技
4倍弱点でも役割破壊程度の炎技やめざパでは確1にはならないので、交代読みと併せて2回の試行回数を要する。タイマンで撃つ際は注意。
C特化カプ・テテフ@こだわりメガネのめざめるパワー(炎)でD特化ナットレイを確2(割合:83.9%~99.4%)
下降補正無振りガブリアスのだいもんじでD特化ナットレイを中乱2(割合:46.4%~55.2%)
無補正A振り@ハチマキのほのおのキバでようやくH振りナットレイを高乱1(割合:99.4%~117.1%)
格闘技
無補正A振りメガバシャーモのとびひざげりでB特化ナットレイを低乱1(割合:86.1%~102.7%)
無補正A振りメガルカリオのインファイトで高乱1(割合:99.4%~117.1%)
A特化ハッサム@ハチマキのばかぢからでH振りナットレイを高乱1(割合:99.4%~117.1%)

覚える技

レベルアップ

5th~SM威力命中タイプ分類PP備考
テッシードナットレイ
-1*パワーウィップ12085くさ物理10*SM以降
-1ロッククライム9085ノーマル物理20
11たいあたり40100ノーマル物理35
11かたくなる--ノーマル変化30
-1ころがる3090いわ物理20
-1のろい--ゴースト変化10
66ころがる3090いわ物理20
99のろい--ゴースト変化10
1414メタルクロー5095はがね物理35
1818ミサイルばり2595むし物理20
2121ジャイロボール-100はがね物理5
2626てっぺき--はがね変化15
3030ミラーショット6585はがね特殊10
3535ねをはる--くさ変化20
3838じばく200100ノーマル物理5
-40※パワーウィップ12085くさ物理10
4346アイアンヘッド80100はがね物理15
4753しっぺがえし50100あく物理10
5261ラスターカノン80100はがね特殊10
5567だいばくはつ250100ノーマル物理5

※SMでは進化したときに覚える。

技マシン

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技22ソーラービーム120100くさ特殊10
技2410まんボルト90100でんき特殊15
技25かみなり11070でんき特殊10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技37すなあらし--いわ変化10
技40つばめがえし60-ひこう物理20
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技53エナジーボール90100くさ特殊10
技64だいばくはつ250100ノーマル物理5
技65シャドークロー70100ゴースト物理15
技66しっぺがえし50100あく物理10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技69ロックカット--いわ変化20
技73でんじは-90でんき変化20
技74ジャイロボール-100はがね物理5
技75つるぎのまい--ノーマル変化20
技78じならし60100じめん物理20
技84どくづき80100どく物理20
技86くさむすび-100くさ特殊20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技91ラスターカノン80100はがね特殊10
技96しぜんのちから--ノーマル変化20
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技01つめとぎ--あく変化15
技70フラッシュ-100ノーマル変化20
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
秘01いあいぎり5095ノーマル物理30
秘04かいりき80100ノーマル物理15
秘06いわくだき40100かくとう物理15

タマゴ技

5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
タネマシンガン25100くさ物理30
やどりぎのタネ-90くさ変化10
まきびし--じめん変化20
なやみのタネ-100くさ変化10教え
タネばくだん80100くさ物理15教え
じゅうりょく--エスパー変化5教え
ロッククライム9085ノーマル物理20Lv
ステルスロック--いわ変化20教え
アシッドボム40100どく特殊20

教え技

5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
アイアンヘッド80100はがね物理15Lv
いびき50100ノーマル特殊15
がむしゃら-100ノーマル物理5
ギガドレイン75100くさ特殊10
じゅうりょく--エスパー変化5タマゴ
ステルスロック--いわ変化20タマゴ
でんじふゆう--でんき変化10
タネばくだん80100くさ物理15タマゴ
てっぺき--はがね変化15Lv
はたきおとす65100あく物理20※ナットレイ時のみ
なやみのタネ-100くさ変化10タマゴ
とおせんぼう--ノーマル変化5
ねごと--ノーマル変化10

遺伝

タマゴグループ植物/鉱物
孵化歩数5120歩
性別♂:♀=1:1
進化条件テッシード(Lv.40)→ナットレイ

遺伝経路

習得方法覚える系統
アシッドボムレベルダストダス系統
じゅうりょくレベルダイノーズ
自力教え技(BW2:青10, ORAS:8BP, USUM:8BP)
ステルスロックレベルゴローニャ系統/Aゴローニャ系統/ハガネール系統/ギガイアス系統/イワパレス系統
自力教え技(BW2:緑10, ORAS:8BP, USUM:8BP)
タネばくだんレベルフシギダネ/ナッシー/Aナッシー/ヒマナッツ/キノガッサ系統
自力教え技(BW2:赤6, ORAS:12BP, USUM:12BP)
タネマシンガンレベルタマタマ/ワタッコ系統/キマワリ
なやみのタネレベルフシギバナ系統/タマタマ/ワタッコ系統/キマワリ系統/キノココ/チェリム系統
自力教え技(BW2:緑6, ORAS:8BP, USUM:8BP)
まきびしレベルノクタス系統/クレッフィ
やどりぎのタネレベルフシギソウ/フシギバナ/タマタマ/ワタッコ系統/キマワリ系統/キノガッサ系統/
ロゼリア/ノクタス系統/ドダイトス系統/チェリム系統/ジャローダ系統/
エルフーン系統/オーロット系統/キュワワー
ロッククライム自力Lv.1(ナットレイのみ)