ラティオス - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新の型(ウルトラサン・ウルトラムーン&サン・ムーン)

ラティオス

No.381 タイプ:ドラゴン/エスパー
特性:ふゆう(地面タイプの技を受けない)
専用道具:こころのしずく(ドラゴンタイプとエスパータイプの技が1.2倍になる)
体重:60.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)

・メガラティオス
タイプ:ドラゴン/エスパー
特性:ふゆう(地面タイプの技を受けない)
体重:70.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
能力比HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ラティオス809080130110110600ふゆう
メガラティオス80130100160120110700ふゆう
ラティアス808090110130110600ふゆう
メガラティアス80100120140150110700ふゆう
高速特殊竜HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ラティオス809080130110110600ふゆう
アーゴヨン73737312773121540ビーストブースト
オンバーン8570809780123535おみとおし/すりぬけ/テレパシー

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)こおり/むし/ゴースト/ドラゴン/あく/フェアリー
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/でんき/くさ/かくとう/エスパー
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

特性「ふゆう」により、じめん無効


ドラゴン×エスパー」複合タイプの準伝説ポケモン。対のラティアスより攻撃的なステータスを持つ。
第5世代までは高速かつ最高火力のりゅうせいぐん使いとしてレートで高い採用率を誇ったが、第6世代での大きな環境の変化以降トップメタから退いた。
第7世代では環境の逆風により使いづらさは否めないものの、高水準のステータスから高威力・広範囲の攻撃はやはり強力。
しかし、素早さ種族値110という値が現在では足を引っ張る形となっており、高速アタッカーとしても高速サポーターとしても上から縛られやすくなっていることが気がかり。
フェアリーはがねのバリエーションも増え、肝心の攻撃面も思うように使えない場面も少なくない。
統計からも全盛期に比べて大きく採用率を下げていることが見て取れる。

エスパータイプであるが、特性がふゆうのため、サイコフィールドによるエスパー技1.5倍の恩恵を受けられないので注意。同時に先制技無効化の恩恵も得られない。

環境の向かい風と追い風について

第六世代(XY)

フェアリータイプが追加され、メインのドラゴン技の一貫性が大きく低下した。
特殊技全般の威力が引き下げられ、純粋に決定力が低下した。
ギルガルドという攻防ともに不利な相手が登場した。
メガゲンガーはやてのつばさファイアローおやこあいふいうちメガガルーラ等、上から縛られる機会が増えた。

第六世代(ORAS)

メガラティオスにメガシンカできるようになった。ただし後述の通り、一般的にはほとんど強化点とは捉えられていない。

第七世代

最速とめざめるパワー炎の両立が解禁
「すごいとっくん」の登場で、めざめるパワーのタイプを自由に選択しつつ、理想個体相当のステータスを実現できるようになった。
これにより、強みのS110を手放さずに特定のポケモンに対する有効打を手に入れられるように。
こころのしずくの解禁
適応対象はドラゴン&エスパー技に変更になり、倍率は1.2倍。
プレートを複合した性能となっており、拘らない汎用アタッカーとして運用する際の選択肢の一つに。
Zワザの登場
高速&高火力&広範囲のラティオスとはとりわけ相性がよく、その用途も多岐に渡る。
Zクリスタルはメガストーンと同じく、はたきおとすのダメージ増加の対象外である点も嬉しい。
先制技の衰退
直接的な弱体化は、はやてのつばさ、おやこあい、ふいうち。
ファイアローは特性の仕様変更から環境からほぼ消滅し、A特化メガガルーラのふいうちは無振りで確定耐えするようになった。
また、カプ・テテフの台頭により、先制技そのものが大きく数を減らした。
ただしカプ・テテフそのものにはラティオスは非常に不利である。
第六世代以上に増えたフェアリーとはがね
ラティオスはカプ系やテッカグヤには有利ではない。
調整や持ち物次第ではサブウェポンや役割破壊Zワザで返り討ちにできる場合もあるが、ラティオスの持ち味であるりゅうせいぐんの使い勝手は悪くなってしまう。
環境の高速化
概要でも述べた通り、素早さ種族値110という値が現在ではそれほど高くないものになっている。
先制技が減ったことにより、こだわりスカーフ・かそく・トリックルームといったS操作が流行。強みの110族はあまり機能しなくたった。
メガシンカの仕様変更でメガボーマンダに初速で抜かれ、同速ではあるものの耐性でかなり不利なメガメタグロスも多くなってしまった。
USUMではより高い素早さと優秀なタイプを持つアーゴヨンも登場。タイプは違えど単純な攻撃範囲や抜き性能で大きく差をつけられている。
その他ラティオス以上に高速・高火力なアタッカーが大幅に数を増やしたため、環境の数値インフレにも取り残される形になっている。
ミミッキュ
ばけのかわによりどんなに高火力で攻撃しても、一発目はダメージがゼロ。
さらにりゅうせいぐんに至ってはばけのかわ以前に耐性で無効化される。
先制技が減った環境だが、ミミッキュに関しては先制技の「かげうち」を採用していることが多く、相手の攻撃を耐えて強引に倒すということも狙えない。

過去の型こちらに、ネタ型やマイナー型こちらにあります。



形態考察

通常ラティオス

高いCSから高威力の一致技で負担をかける典型的な特殊アタッカーであり、第五世代以前はトップメタとして活躍した実績を持つ。
ドラゴン無効のフェアリー、一致技半減のはがねへの有効打に乏しいものの、それでもなお有利対面での制圧力には見るべき点がある。
両壁やおきみやげをはじめとした変化技を備えることからサポート適性もあり、アタッカーのイメージの強さから裏をかくこともできる。

ふゆう
じめんの一貫切れるのは大きいが、各種フィールドの恩恵を得られないなどデメリットも。
メガシンカしても特性は同じであり、隠れ特性も存在しない。

メガラティオス

  • 攻撃が40上がるが、活かせる技がじしんとはがねのつばさぐらいしかなく、メリットが薄い。
    • その上イカサマ、混乱の自傷ダメージが増すデメリットもある。
  • 特攻が30上がるが、こだわりメガネ、いのちのたま、Zクリスタル、こころのしずく等で充分。
  • 両刀型にしようにもサイコショックである程度代用できる。
  • 素早さ・特性・タイプが変わらないので役割に変化がなく、差別化点が少ない。
  • 第6世代ではメガストーンの仕様を生かしてはたきおとす対策に使えたが、今作ではZクリスタルでも同じことができる。

以上の理由により、メガシンカ枠を消費してまで使う利点に乏しいため、メガシンカ型はノートに格納。
↑普通に逆鱗思念地震竜舞で使ってて弱いと感じた事は無いが?
マンダと違って冷ビで即死しないのが大きな利点。
↑以前からメガシンカ竜舞型の考察は何度かあったが、雑記のメガシンカ竜舞型と竜舞型のコメントに問題点は大体出てる。
要約すると物理型の採用メリットはじしんぐらいしかなく、舞っても一致技の火力がまったく足りない。
意表を突けるかとおもいきや、特殊ラティ想定で出される鋼(ナットグロスハッサムetc)を突破できないので役割対象にも大きな変化がない。
メガマンダと比べるにしても最近のマンダは耐久振りしてるから不一致冷B一発で落ちるような個体はごく少数。
はねやすめの耐性変化で粘ってくるから耐性の違いも対した差にならず、一致スキン飛行技のおかげでメガラティとは比べ物にならない程の突破力もある。
ラティは元々種族値はあるからあえて物理型にしても多少の活躍はできるけど、セオリーどおりの特殊型を超える汎用性はないというのが毎度出ている結論だね。


技考察

特殊技タイプ威力命中追加効果備考
りゅうせいぐん130(195)90特攻↓↓タイプ一致技。連発は効かない。撃ち逃げやおきみやげとあわせて。
りゅうのはどう85(127)100-タイプ一致技。デメリット無し。
サイコキネシス90(135)100特防↓10%タイプ一致技。性能安定。
サイコショック80(120)100-タイプ一致技。特殊受け対策。
なみのり90100-鋼に等倍。ヒードランドリュウズに。
10まんボルト90100麻痺10%鋼に等倍。水/飛行や鋼/飛行に。
かみなり11070麻痺30%雨やZクリスタルとあわせて。
エナジーボール90100特防↓10%鋼に半減。2倍では等倍りゅうせいぐん以下。
くさむすび20~120100-威力不安定。100.1kg以上ならエナジーボール超え。
シャドーボール80100特防↓20%対エスパー。ゴーストにも抜群。鋼にも等倍。
めざめるパワー--60100-相性補完に。対鋼の炎など。すごいとっくんとあわせて。
物理技タイプ威力命中追加効果備考
じしん100100-対鋼。特殊水・電気・ゴースト技の方が有用。
はがねのつばさ7090防御↑10%対フェアリー。水/フェアリーや鋼/フェアリーには等倍。
変化技タイプ命中備考
みがわり--補助技対策や、ふいうち読みで。
めいそう--特攻・特防を補強。特殊方面を補える。
トリック100メガネやスカーフとあわせて。メガストーン・Zクリスタルには無効。
おきみやげ100自身の起点化回避や、後続の起点作りに。
リフレクター--物理アタッカー対策や起点作りに。Sが高く先制しやすい。
ひかりのかべ--特殊アタッカー対策や起点作りに。Sが高く先制しやすい。
サイコシフト--Zワザ化で特攻2段階上昇。状態異常対策にもなる。

Zワザ考察

Zワザ元にする技威力解説
アルティメットドラゴンバーンりゅうせいぐん195(292)こだわりメガネと同威力だが、デメリット無し・必中。
マキシマムサイブレイカーサイコキネシス175(262)無補正C振りで無振りウツロイド@とつげきチョッキを低乱1。
サイコショック160(240)特殊攻撃と物理攻撃のスイッチ。
スーパーアクアトルネードなみのり175無補正C振りでH振りウルガモスを確1。H振りヒードランを高乱1。
H振りバンギラスをZなみのり+通常なみのりで高乱数。
スパーキングギガボルトかみなり185必中。無補正C振りで無振りメガギャラドス、H振りテッカグヤを確1。
H振りカプ・レヒレを高乱1。H振りスイクンを中乱1。
むげんあんやへのいざないシャドーボール160無補正C振りで無振りメガメタグロスカプ・テテフを確1。
H振りギルガルド(シールド)には確定耐えされるのでじゃくてんほけんに注意。

型考察

基本アタッカー型

特性:ふゆう
性格:おくびょう/ひかえめ
努力値:C252S252をベースに調整
持ち物:各種Zクリスタル/いのちのたま/たつじんのおび/こころのしずく/きあいのタスキ
確定技:りゅうせいぐん/サイコキネシスorサイコショック
攻撃技:りゅうのはどう/なみのり/かみなりor10まんボルト/シャドーボール/くさむすびorエナジーボール/めざめるパワー(炎)
補助技:おきみやげ/ねごと/サイコシフト(エスパーZ)

高い特攻および素早さと、多数のサブウェポンで相手を粉砕する、ラティオスの基本形。

新たに追加されたZクリスタルだが、中でもドラゴンZとの相性は特筆に値する。
Zりゅうせいぐんは火力こそこだわりメガネと同等だが、能力低下・技固定のデメリットが無く必中で撃てる。

しかし何より重要なのは、最高火力とおきみやげを両立できる点。
りゅうせいぐんの弱点たる火力ダウンの隙をカバーでき、相手PTに打撃を与えた後は、即座に味方の起点作りに貢献していける。
起点作りを狙って出てくるメガシンカポケモンやウルガモス等への逆カウンターとしても、非常に有用なコンボであるといえよう。
また、はたきおとすの威力アップ対象外なのもプラス。

Zクリスタルを持つ場合はメジャーどころへの確定数がズレるため性格はひかえめもあり。

こだわりメガネ型

特性:ふゆう
性格:おくびょう/ひかえめ
努力値:CS252orHC252をベースに調整
持ち物:こだわりメガネ
確定技:りゅうせいぐん/サイコキネシスorサイコショック
選択技:りゅうのはどう/なみのり/かみなりor10まんボルト/シャドーボール/くさむすびorエナジーボール/めざめるパワー(炎)/トリック

火力を追求しこだわりメガネ+りゅうせいぐんで相手を粉砕する型。
無振りウルガモス程度なら先制確1にできる。

ドラゴン+水でほとんどの相手に等倍をとれるので、なみのりの優先度は高い。
第七世代では強力な鋼タイプ、テッカグヤへ有効な10まんボルトの需要も増加すると考えられる。
無補正C振り@こだわりメガネの10まんボルトでH振りテッカグヤ@とつげきチョッキを確2なので後出しを許さない。

こだわりスカーフ型

特性:ふゆう
性格:おくびょう/ひかえめ
努力値:CS252をベースに調整
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:りゅうせいぐん/サイコキネシスorサイコショック
選択技:りゅうのはどう/なみのり/かみなりor10まんボルト/シャドーボール/くさむすびorエナジーボール/めざめるパワー(炎)/トリック

こだわりスカーフを持つことで更なる速攻を仕掛ける。
同時に相手のスカーフや素早さが上昇するメガシンカ、特性や積み技で全抜きを狙うポケモンを迎撃するのが主な目的。
S110以上のポケモンは弱点を突いて落とせる相手が多いことや、耐久調整の余力から通常のアタッカー型以上のタイマン性能を誇る。
おくびょうなら火力が下がるものの、最速ガブリアス@こだわりスカーフやメガゲンガーメガバシャーモメガボーマンダ、からをやぶるパルシェンにも対応できる。

サポート型

特性:ふゆう
性格:おくびょう
努力値:HSベース/CSベース
持ち物:ひかりのねんど/アクZ/きあいのタスキ/オボンのみ/ウイのみ/メンタルハーブ
確定技:おきみやげ
優先技:りゅうせいぐんorりゅうのはどう/リフレクター/ひかりのかべ/おいかぜ/ほえる
選択技:サイコキネシスorサイコショック/なみのり/かみなりor10まんボルトシャドーボール/くさむすび/めざめるパワー(炎)

高い素早さによるサポートを狙う型。
両壁やおきみやげで起点を作り、強力な積みポケモンを降臨させるのが基本。
CやSが高いため、ちょうはつをされることが少なくサポートも決めやすい上、無振りでも攻撃性能が高い。また、壁を先制して張れるのでダメージを抑えやすい。
両壁&おきみやげはより耐久の高いユクシーでも可能なため、差別化のためにもSは最速推奨。準速だと最速ユクシーとほぼ変わらない。
壁張りにより確定数が変わりやすいのでウイのみ採用はあり。
おきみやげをZワザ化すると後続のHP全回復の効果が付き、ラティアスのいやしのねがい以上の性能となる。
壁張り以上に重点を置くならば、CSベースで汎用アタッカーに近い形での運用も充分考えられる。


対ラティオス

注意すべき点
S110からの一致こだわりメガネりゅうせいぐん、アルティメットドラゴンバーン(Zりゅうせいぐん)の超火力。
サイコショックもあるため特殊受けやとつげきチョッキ持ちアタッカーに強い。
アタッカーであっても補助技のレパートリーが豊富なため戦術の切り替えが利く。
こだわりアイテムならトリック、Zクリスタルならおきみやげと、後続へ繋げる動きも得意。
加えて壁張り等のサポートもこなせるため、アタッカーのイメージだけで行動するとPTが半壊する恐れも。
対策方法
鋼、フェアリーに対する有効打に乏しく、サブウェポンで弱点さえ突かれなければ有利な戦いに持ち込める。
一致技を半減以下もしくは高い特殊耐久で抑えつつ反撃する
バンギラスハッサムキリキザンナットレイサーナイトクチートクレッフィギルガルド等。
おいうちがあれば逃さず狩れる。
より素早いポケモンで先制する
マニューラゲッコウガアーゴヨン等。こだわりスカーフ持ちも多いので注意。
サポート型にはアンコール持ちエルフーンが有効。
素早さを奪う
でんじは・トリックルーム等。ただし麻痺は素早さダウンが1/4→1/2になったので、第六世代以前の調整では抜けないことも。

覚える技

レベルアップ

3rd4th5thXYOA
SM
威力命中タイプ分類PP
---1-りゅうのまい--ドラゴン変化20
---1-いやしのはどう--エスパー変化10
---1-テレキネシス--エスパー変化15
---1-パワーシェア--エスパー変化10
---1-りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
---11おきみやげ-100あく変化10
-5551かいふくふうじ-100エスパー変化15
11111サイコウェーブ-100エスパー特殊15
101010101てだすけ--ノーマル変化20
151515151しんぴのまもり--ノーマル変化25
252525254まもる--ノーマル変化10
505555557りゅうのまい--ドラゴン変化20
----10アシストパワー20100エスパー特殊10
3030303013リフレッシュ--ノーマル変化20
--656516いやしのはどう--エスパー変化10
2020202020りゅうのいぶき60100ドラゴン特殊20
3535353524ラスターパージ70100エスパー特殊5
-50505028サイコシフト-100エスパー変化10
4545454532じこさいせい--ノーマル変化10
--707036テレキネシス--エスパー変化15
-40404041しねんのずつき8090エスパー物理15
--757546パワーシェア--エスパー変化10
4065606051サイコキネシス90100エスパー特殊10
-70808056りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
560858561おきみやげ-100あく変化10

技マシン

No.威力命中タイプ分類PP備考
技02ドラゴンクロー80100ドラゴン物理15
技03サイコショック80100エスパー特殊10
技04めいそう--エスパー変化20
技05ほえる--ノーマル変化20
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技13れいとうビーム90100こおり特殊10
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技16ひかりのかべ--エスパー変化30
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技19はねやすめ--ひこう変化10
技20しんぴのまもり--ノーマル変化25
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技22ソーラービーム120100くさ特殊10
技2410まんボルト90100でんき特殊15
技25かみなり11070でんき特殊10
技26じしん100100じめん物理10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技29サイコキネシス90100エスパー特殊10
技30シャドーボール80100ゴースト特殊15
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技33リフレクター--エスパー変化20
技37すなあらし--いわ変化10
技40つばめがえし60-ひこう物理20
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技51はがねのつばさ7090はがね物理25
技53エナジーボール90100くさ特殊10
技57チャージビーム5090でんき特殊10
技65シャドークロー70100ゴースト物理15
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技73でんじは-90でんき変化20
技76そらをとぶ9095ひこう物理15
技77じこあんじ--ノーマル変化10
技78じならし60100じめん物理20
技85ゆめくい100100エスパー特殊15
技86くさむすび-100くさ特殊20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技94なみのり90100みず特殊15
技98たきのぼり80100みず物理15
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技01つめとぎ--あく変化15
技67かたきうち70100ノーマル物理5
技70フラッシュ-100ノーマル変化20
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
秘01いあいぎり5095ノーマル物理30
秘07ダイビング80100みず物理10
第5世代
技19テレキネシス--エスパー変化15教え
第4世代まで
技03みずのはどう60100みず特殊20教え
技34でんげきは60-でんき特殊20教え
技58こらえる--ノーマル変化10
技59りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10Lv/教え
技78ゆうわく-100ノーマル変化20
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15
秘05きりばらい--ひこう変化15DPt/教え
秘05うずしお3585みず特殊15HGSS

教え技

3rd4th5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
りゅうせいぐん13090ドラゴン特殊5
Emいびき50100ノーマル特殊15
E/XDこごえるかぜ5595こおり特殊15
げきりん120100ドラゴン物理15
しねんのずつき8090エスパー物理15Lv
てだすけ--ノーマル変化20Lv
とっておき140100ノーマル物理5
トリック-100エスパー変化10
HSおいかぜ--ひこう変化30
HSマジックコート--エスパー変化15
りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10Lv
ワンダールーム--エスパー変化10
でんげきは60-でんき特殊20
みずのはどう60100みず特殊20
きりばらい--ひこう変化15DPt:秘05
サイドチェンジ--エスパー変化15
テレキネシス--エスパー変化155th:技19
とぎすます--ノーマル変化30
のしかかり85100ノーマル物理15
すてみタックル120100ノーマル物理15
ものまね-100ノーマル変化10
ゆめくい100100エスパー特殊15技85
でんじは-90でんき変化20技73
みがわり--ノーマル変化10技90
Emじこあんじ--ノーマル変化10技77
Emこらえる--ノーマル変化104th:技58
Emどろかけ20100じめん特殊10
Emスピードスター60-ノーマル特殊20
Emれんぞくぎり4095むし物理20
Emねごと--ノーマル変化10技88
E/XDいばる-85ノーマル変化15技87
ダイビング80100みず物理10ORAS:秘07
たつまき40100ドラゴン特殊20
はねやすめ--ひこう変化10技19

遺伝

タマゴグループタマゴ未発見
性別♂のみ